Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王オリカ「ウォール・シャドウ」

オリカ「ウォール・シャドウ」
「ウォール・シャドウ」
アンデッド族、レベル7、闇属性、攻撃力1600、守備力3000
融合素材:「シャドウ・グール」+「迷宮壁-ラビリンス・ウォール-」
0.このカードは上記の融合素材による融合召喚でしか召喚できない。
1.このカードは攻撃力の数値を適応して、守備表示の状態で攻撃できる。
2.自分の墓地に「迷宮壁-ラビリンス・ウォール-」が存在している限り、このカードは戦闘以外で破壊されない。
3.このカードがフィールドを離れた時、墓地から「迷宮壁-ラビリンス・ウォール-」1体を自分フィールドに特殊召喚する。


原作やアニメなどで初登場し、OCGで理不尽な目にあったカードのリメイク。
基本的にウォール・シャドウを再現したもの。

原作の通りの融合モンスターに変更し、融合素材の代用不可・融合召喚でのみ特殊召喚できるようにした。
また、壁にもぐりこんだシャドウ・グールそのものなので、種族もアンデッドに修正。

1つ目の効果は守備表示のまま攻撃できる効果。原作では壁の中から攻撃し、攻撃後に壁に隠れてしまうので、こういうことだと解釈した。

2つ目の効果は融合召喚すれば効果は満たせる。戦闘以外=カードの効果で破壊されない。

3つ目の効果はラビリンス・ウォールのリカバリー。

破壊以外の除去や、表示形式の変更であっさり倒すことはできるので、そんなに凶悪なカードでもない。

※:当カードはあくまでもオリカであり、印刷した場合、公式大会などに使用することはできず、一切の無断使用をお断りいたします。
一個人の鑑賞、および理解ある相手とのデュエルでのみお楽しみください。
いかなるトラブルが起こっても私は責任を負いません。

テラリアメモ

●特殊メッセージ
左下に表示されるメッセージ。

Looks like ○○ & ○○ are throwing a party
 パーティ開催。
 ゲーム内時間で1日、NPCキャラたちがパーティを開く。

The Blood Moon is rising...
 赤い月の夜(Blood Moon)発生。
 ゲーム内時間で朝までゾンビが大量発生する。
Slime is falling from the sky!
 スライムレイン(Slime Rain)発生。
 スライムが大量に降り注ぐ。キングスライムが出現。

A Goblin Army is approaching from the [east or west]!
 ゴブリン軍団(Goblin Army)発生。
 ゴブリン襲撃イベント。
・The Pirates have arrived!
 ハードのみ。海賊軍団(Pirate Invasion)発生。
 海賊襲来イベント。
A solar eclipse is happening!
 ハードのみ。日食(Solar Eclipse)発生。
 強力なモンスターが出現。

You feel an evil presence watching you
 クトゥルフの目玉(Eye of Cthulhu)襲撃の予告メッセージ。
 初撃破までランダムで発生。
This is going to be terrible night...
 ハードのみ。ツインズ(The Twins)襲撃の予告メッセージ。
 初撃破までランダムで発生。
This is going to be terrible night...
 ハードのみ。デストロイヤー(The Destroyer)襲撃の予告メッセージ。
 初撃破までランダムで発生。
This is going to be terrible night...
 ハードのみ。スケルトロンプライム(Skeletron Prime)襲撃の予告メッセージ。
 初撃破までランダムで発生。

○○ have arrived!
 ボス出現メッセージ。 



●季節系イベント日程
毎年以下の日程でハロウィン・クリスマスイベントがある。
Halloween Event(10/20~11/10)
Christmas Event(12/15~12/31)

上記イベント中のみドロップするアイテムや、限定モンスターも多い。

遊戯王オリカ「インセクト女王」

オリカ「インセクト女王」
「インセクト女王」
昆虫族、レベル7、地属性、攻撃力2200、守備力2600
0.このカードは昆虫族モンスターを1体を生け贄にすることで生け贄召喚できる。
1.お互いのフィールドの昆虫族モンスター1体につき、このカードの攻撃力が400アップする。
2.このカードが相手モンスターを戦闘で破壊したターンのエンドフェイズに、自分フィールド上に「インセクト・ラーバ・トークン」(昆虫族・地・攻撃力1200/守備力0)1体を攻撃表示で特殊召喚する。


原作やアニメなどで初登場し、OCGで理不尽な目にあったカードのリメイク。
基本的に原作のインセクト女王を再現したもの。
原作ではレベル6だったので、リリース軽減をつけただけで、あとは原作の効果そのまま。

当時の基準でもOCGの弱体化は理不尽。

※:当カードはあくまでもオリカであり、印刷した場合、公式大会などに使用することはできず、一切の無断使用をお断りいたします。
一個人の鑑賞、および理解ある相手とのデュエルでのみお楽しみください。
いかなるトラブルが起こっても私は責任を負いません。

禁止カードのエラッタ案

遊戯王OCGは最も禁止カードが多いTCGである。
現在もPONPON禁止になるのがわかっている壊れカードが続々登場している。
気に入らないのでこれくらい調整すれば禁止は免れるだろう、という個人的な自己満足案。
変更箇所は太字。

追記を表示

遊戯王オリカ「グレート・モス」

オリカ「グレート・モス」
「グレート・モス」
昆虫族、レベル8、地属性、攻撃力2600、守備力2500
0.このカードは通常召喚できない。「ラーバモス」の効果で特殊召喚する事ができる。
1.「ラーバモス」の効果で特殊召喚したこのカードは、相手のカードの効果で除外されず手札に戻らない。
2.手札から昆虫族モンスター1体を捨てて発動できる。このターン、このカードは相手フィールドの風属性以外のモンスター全てに攻撃することができる。
3.このカードが自分フィールドに存在する限り、お互いのエンドフェイズ毎に、炎属性以外の相手モンスター全ての攻撃力は500ダウンする。


原作やアニメなどで初登場し、OCGで理不尽な目にあったカードのリメイク。
基本的に原作のグレート・モスを再現したもの。
OCGではテキスト欄が小さすぎる1期に登場したため、召喚条件だけでテキストが埋まってしまったため出しにくいだけのクソカードになってしまった。しかも究極完全態より登場が遅いというのも理不尽。

召喚条件の都合上、正規の手段で特殊召喚した場合に耐性をつけた。

2つ目の効果は原作の地上モンスターへの全体攻撃をモチーフにした効果。手札コストで、風属性以外のモンスターに全体攻撃が可能。

3つ目の効果は原作での毒鱗粉による弱体化。原作ではリアルタイムで弱体化していたが、そんなものTCGでできるわけがないので毎ターンに。フィールドに維持すれば蓄積するので十分凶悪。

オリカ「究極完全態グレート・モス
オリカ「進化の繭
オリカ「ラーバモス

※:当カードはあくまでもオリカであり、印刷した場合、公式大会などに使用することはできず、一切の無断使用をお断りいたします。
一個人の鑑賞、および理解ある相手とのデュエルでのみお楽しみください。
いかなるトラブルが起こっても私は責任を負いません。

恐竜決闘者「龍牙」

「あんたに媚びるのも学園に入るまでさ」
龍牙
-プロフィール-
名前 :龍牙(りゅうが)
年齢 :---
誕生日:4月1日( 牡羊座)
CV :---
身長&体重 :180cm、66kg
血液型 :---
好きな食べ物 :---
嫌いな食べ物 :---
備考 :デュエルアカデミア教育実習生

-デュエルの傾向-
使用デッキ :恐竜&爬虫類デッキ
戦法 :イカサマを使用した魔法封じ+力押し

漫画版「遊戯王GX」に登場するキャラクター。
デュエルアカデミアの教育実習生。アカデミア教師採用条件である対生徒デュエル50戦を行い、49連勝という輝かしい記録を立てた。
あと1人、50戦目に勝てばアカデミアの教師として採用というところで、十代とデュエルすることとなった。
実は、特殊電磁波を発生させる機能を搭載した指輪で対戦相手のデュエルディスクに干渉し、相手の魔法カードを発動させなくさせるというイカサマを行っており、さらに対戦相手の生徒たちからデッキを奪っていたという、デュエリストの風上にも置けない人物。
負けた生徒からカードを巻き上げているだけに、生徒達の間でも評判が悪い。
さらにクロノス教諭を蹴落とし、アカデミアで地位を高め、デュエルの世界を裏から操るという野望まで持っている。
普段は丁寧な言葉遣いで平静を装っているが、内面は卑劣な性格で尊大な口調。

追記を表示

モンスターの大きさ

モンスターの大きさは21段階ある。
通常より大きいサイズが10段階、通常より小さいサイズが10段階といった具合(そこに通常サイズが加わる)。
1段階で大きさが約5%変化し、最大で元の約1.5倍、最小で元の約0.5倍まで変化する。

なお、元のサイズが大きいモンスターほど見た目の変化もわかりやすい。

サイズが大きいと敵を押し返す力が強くなり、敵の接近を阻むことができ、攻撃のリーチが長くなる。
 また敵の標的にされやすく、攻撃を引き付けやすい。
サイズが小さいと敵の標的にされにくくなり、スペースをとらなくなるが、何より見た目がダサくなりやすい。

追記を表示

遊戯王オリカ「進化の繭」

オリカ「進化の繭」
「進化の繭」
昆虫族、レベル3、地属性、攻撃力0、守備力2000
1.自分メインフェイズに手札・フィールドからこのカードを、自分フィールドの昆虫族モンスターに装備させることができる。
2.装備したモンスターはこのカードと同じ属性・レベル・攻撃力・守備力となる。
3.装備モンスターが破壊される場合、このカードを代わりに破壊することができる。


原作やアニメなどで初登場し、OCGで理不尽な目にあったカードのリメイク。
進化の繭はラーバモス専用とは思えないので、昆虫族全体に対応した。
とはいえ、無関係のモンスターに装備させるメリットは無いです。

オリカ「究極完全態グレート・モス
オリカ「グレート・モス
オリカ「ラーバモス

※:当カードはあくまでもオリカであり、印刷した場合、公式大会などに使用することはできず、一切の無断使用をお断りいたします。
一個人の鑑賞、および理解ある相手とのデュエルでのみお楽しみください。
いかなるトラブルが起こっても私は責任を負いません。

遊戯王オリカ「ラーバモス」

オリカ「ラーバモス」
「ラーバモス」
昆虫族、レベル2、地属性、攻撃力500、守備力400
1.「進化の繭」を装備したこのカードがお互いのターンで数えて、4ターン目か5ターン目に墓地に送られた場合は「グレート・モス」、6ターン目以降に墓地に送られた場合は「究極完全態・グレート・モス」1体を手札・デッキから特殊召喚する。
2.「進化の繭」を装備している場合、お互いのバトルフェイズ中に発動できる。このカードを破壊する。


原作やアニメなどで初登場し、OCGで理不尽な目にあったカードのリメイク。
基本的に原作のラーバモスを再現したもの。

進化の繭を装備した状態で、4ターン以降経過したときにわざと自壊できる効果も搭載している。
なお、OCGのヘボとは違い、ターンカウントを行うのはフィールドに存在するこのカードなので、「運命の火時計」を適用できる。

OCGでは1期特有の理不尽なカード化によって変態して幼虫になるとかいう頭のおかしいカードにされてしまい、ただの紙くずとして君臨している。そもそもプチモスじゃなくてラーバモスが幼虫だというのに。

オリカ「究極完全態グレート・モス
オリカ「グレート・モス
オリカ「進化の繭

※:当カードはあくまでもオリカであり、印刷した場合、公式大会などに使用することはできず、一切の無断使用をお断りいたします。
一個人の鑑賞、および理解ある相手とのデュエルでのみお楽しみください。
いかなるトラブルが起こっても私は責任を負いません。

遊戯王Arc-V 面白い回まとめ

アークファイブといえば尋常じゃないくらい酷い出来で有名だが、全話がクソかというとそうでもなく、面白い話も存在する。
ので、個人的に見る価値のある話をリストアップ。
全体の出来はマジクソすぎて、全話視聴すると嫌いになれるので、面白い話だけ見て他は見ないことを推奨。
特に92話以降はクソ度が跳ね上がる地雷地帯。
お勧め度は基本的に良い話しか扱わないので、低くても良いと考えてほしい。

追記を表示

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。