FC2ブログ

Entries

遊戯王オリカ「E・HERO カオス・ネオス」

オリカ「E・HERO カオス・ネオス」
「E・HERO カオス・ネオス」
戦士族、レベル9、闇属性、攻撃力3000、守備力2500
融合素材:「E・HERO ネオス」+「N・ブラック・パンサー」+「N・グロー・モス」
0.自分フィールドの上記のカードをデッキに戻した場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる。
1.エンドフェイズ時に発動できる。このカードをEXデッキに戻し、フィールドの全ての表側表示モンスターを裏側守備表示にする。その後、デッキから「E・HERO ネオス」1体を特殊召喚する。
2.自身の効果によって、このカードがEXデッキから特殊召喚した時に発動する。以下の効果から1つを選んで適用する。
●相手フィールドの全てのモンスターを破壊する。
●このターン相手フィールドの効果モンスターの効果は無効化される。
●フィールドのこのカード以外の全てのモンスターを持ち主の手札に戻す。


原作やアニメなどで初登場し、OCGで理不尽な目にあったカードのリメイク。
原作アニメでの効果は全て判明していないが、それにしても召喚条件の困難さと比べて調整がまるでできていないと評判のカード。ただでさえコンタクト融合体はいずれもデメリットが非常に厳しいというのに。
なによりである。コイントス失敗の確率が異様に高い上にデメリットまでつける必要はあったのか?答えはどう考えてもNOである。このカード自身も巻き込まれ、エンドフェイズを待たずにEXデッキに戻ってしまう。
件のデメリットがなくてもイマイチなカードだというのに、あんまりである。

アニメでは特に条件なく任意に発動できたようなので、それに沿う形で調整しなおした。

召喚条件はそのまま。
1つめのエンドフェイズの効果を調整し、任意発動かつ効果処理後にデッキからネオスをフィールドに戻せるというもの。カオス・ネオスがあまりに弱いことからつけた。

2つめの効果が本題のエラッタ調整。
その調整は正規の方法でこのカードがEXデッキから特殊召喚できた時に、任意の効果を選ぶというもの。
これならフィールドに維持して何度も効果を発動することはできない。
ただし、EXデッキに戻るというコンタクト融合体共通のデメリットが繰り返し効果を使うチャンスにもつながるようになっている。
そして選べる3つめの効果が、自分モンスターバウンスでは全く意味がないので、自身以外のモンスターバウンスとした。自分のモンスターも巻き込むので、1つめの効果との差別化ができるはず。

今回は特大サイズの画像。

※:当カードはあくまでもオリカであり、印刷した場合、公式大会などに使用することはできず、一切の無断使用をお断りいたします。
一個人の鑑賞、および理解ある相手とのデュエルでのみお楽しみください。
いかなるトラブルが起こっても私は責任を負いません。

遊戯王オリカ「機皇神マシニクル∞」

オリカ「機皇神マシニクル∞」
「機皇神マシニクル∞」
機械族、レベル12、炎属性、攻撃力4000、守備力4000
1.1ターンに1度、相手フィールドのシンクロモンスター1体を対象に発動できる。対象モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに1体のみ装備できる。。
2.このカードの攻撃力は、①の効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。
3.自分エンドフェイズにこのカードの効果で装備したモンスター1体を墓地に送って発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。バトルフェイズを行ったターンはこの効果を発動できない。
4.このカードが戦闘・効果で破壊される場合に発動できる。代わりに自分の墓地の「機皇帝」モンスター1体を除外する。


原作やアニメなどで初登場し、OCGで理不尽な目にあったカードのリメイク。
ソステリスクほどではないが、こちらも理不尽な弱体化を受けたアポリアのカード。Z-ONEのカードはそこまで理不尽な調整ではないのに・・・。

こちらも機皇神龍アステリスクのようにベースは原作アニメ版である。ただし、OCG版をベースに原作版に寄せる調整、とも言える。

まずアニメでは召喚制限がなかったので召喚制限がなくなっている(テキストの都合・・・うわなにをするやm

1~3つめの効果によるシンクロキラー効果は原作版・OCG版ともにほぼ同じ。3つめの射出効果のみが異なり、原作版とOCG版を基にした調整を行っている。
原作と同じエンドフェイズに発動できるようになっているが、OCG版で危惧されたバトルからの射出は壊れすぎなので、バトルフェイズを行っていないエンドフェイズに射出ができるようになっている。アニメの再現はできないが、ここはさすがに調整しなければならないところ(OCG版の弱体化はやりすぎだが、参考にはした)。

4つめの効果はOCG版ではカットされてしまった破壊耐性。原作アニメではパーツ版の「機皇帝」のパーツをコストにする効果だったが、さすがにパーツ版機皇帝など存在しないのでコストは「機皇帝」となっている。

また原作版では「機皇帝」のパーツの効果をコピーするという能力があったが、調整の難しさおよびパーツ版機皇帝の不在に加えテキスト枠の圧倒的不測から不採用とした。そうでなくてもテキストが足りない・・・。

※:当カードはあくまでもオリカであり、印刷した場合、公式大会などに使用することはできず、一切の無断使用をお断りいたします。
一個人の鑑賞、および理解ある相手とのデュエルでのみお楽しみください。
いかなるトラブルが起こっても私は責任を負いません。

遊戯王オリカ「レッド・タイホーン」

オリカ「レッド・タイホーン」
「レッド・タイホーン」
鳥獣族、レベル6、炎属性、攻撃力1700、守備力1900
0.このカード名の2の効果は1ターンに1度しか使用できない。
1.自分フィールドの「タイホーン」1体をリリースして発動する。このカードを手札・墓地から特殊召喚する
2.自分メインフェイズに発動できる。デッキまたは墓地から「ファイヤー・ボール」を任意の枚数手札に加える。


ゲームにも登場した旧通常モンスターの効果つきバージョン。
なるべくカードの内容はいじらず、外見・名前・フレイバーテキストの雰囲気に近い効果をもたせるのが趣旨。
ゲームで効果つきであればそれも参考にする。

・・・とはいえ、こいつはどう見てもタイホーンでありタイホーンなので、カード名も修正。種族も修正。
素直にタイホーンの強化版の赤いタイホーンでいいじゃない。

1つめの効果はタイホーンをリリースすれば手札からの特殊召喚か、蘇生が可能というもの。名指しでカードを指定しているので蘇生もOKとした。手札にくると攻守が低いのにリリースが必要なので、主に手札からの特殊召喚を狙うべきかな。

2つめの効果がメイン効果。フレーバーテキストによると、ファイヤー・ボールを吐いてまわりを火の海にするらしいので、毎ターンファイヤー・ボールを3連発できるという脅威の大盤振る舞い。
1枚わずか500ダメージとはいえ、3枚まで手札に加えられるので3連発で1500ものダメージとなる。ここまでくると、たかがファイヤー・ボールでもかなりの脅威となるはず。
攻守が低くフィールドに維持しにくいものの、2ターン維持できれば3000ダメージにもなるのでなかなかに凶悪かと。
その分、同名カードを含めて1ターンに1度しか発動できなくなっている(これを忘れると1ターンで4500とかいう頭のおかしいダメージが可能になってしまうので)。
友人に出してもらったアイデアなので、かなりうまくまとまっているはず。

※:当カードはあくまでもオリカであり、印刷した場合、公式大会などに使用することはできず、一切の無断使用をお断りいたします。
一個人の鑑賞、および理解ある相手とのデュエルでのみお楽しみください。
いかなるトラブルが起こっても私は責任を負いません。

遊戯王オリカ「ゴースト王-パンプキング-」

オリカ「ゴースト王-パンプキング-」
「ゴースト王-パンプキング-」
アンデッド族、レベル6、闇属性、攻撃力1800、守備力2000
0.「ゴースト王-パンプキング-」は自分フィールドに1体しか存在できない。
1.メインフェイズ1終了時に発動する。このカード以外の自分フィールドのアンデッド族モンスター全てにパンプキングカウンターを1つずつ置く。パンプキングカウンターの乗ったモンスターの攻撃力は、そのモンスターに乗ったパンプキングカウンターの数×300アップする。
2.自分フィールドの全てのアンデッド族モンスターは攻撃表示となり、表示形式の変更ができない。
3.自分フィールドの全てのアンデッド族モンスターは魔法・罠カードの効果で破壊されない。


原作やアニメなどで初登場し、OCGで理不尽な目にあったカードのリメイク。
OCG版は完全にスタッフがふざけていたとしか思えない。理不尽中の理不尽の1つ。

よって原作コミックの再現となっています。
効果外テキストとして同名カードのフィールド制限あり。

1つめの効果は原作で発揮していた味方アンデッドの強化。ターン毎に強化していくので、専用の「パンプキングカウンター」を用いて現在の攻撃力をわかりやすくした。
カウンターが離れるタイミング(フィールドを離れる・裏側表示になる)で、カウンターを使用しない残存強化もリセットされるので、カウンターであるデメリットなどは特に無い。

2つめの効果は原作でパンプキングを含めたゴースト骨塚のモンスターが攻撃表示のままだったことに対するフォロー。パンプキングが攻撃表示であったために、ダメージも発生しているが、パンプキングのデメリット効果と解釈した。
パンプキングは自身の効果で強化されないため、パンプキングを守る方法が欲しいところ。

3つめの効果は魔法・罠カードへの破壊耐性。10期現在目線だとあまり強力ではないが、パンプキング自身にも耐性は付与されるので、かなり強力な効果である。また原作のフォローでもあり、パンプキングがいる限り除去カードでゾンビたちもパンプキングも破壊されないというわけである。

いずれも原作での突破方法は全て通じるようになっている。ごっこ遊びもはかどるはずである。

※:当カードはあくまでもオリカであり、印刷した場合、公式大会などに使用することはできず、一切の無断使用をお断りいたします。
一個人の鑑賞、および理解ある相手とのデュエルでのみお楽しみください。
いかなるトラブルが起こっても私は責任を負いません。

遊戯王オリカ「機皇神龍アステリスク」

オリカ「機皇神龍アステリスク」
「機皇神龍アステリスク」
機械族、レベル10、闇属性、攻撃力0、守備力0
0.このカードは通常召喚できない。自分フィールドに「機皇」モンスターが3体以上存在する場合に特殊召喚できる。
1.このカードの攻撃力は自分フィールドのこのカードを除く「機皇」モンスターの元々の攻撃力の合計の数値となる。
2.自分フィールドのこのカード以外の機械族モンスターは攻撃対象にできない。
3.このカードが戦闘・効果で破壊される場合に発動できる。代わりに自分フィールドの機械族モンスター1体を破壊する。
4.シンクロモンスターが特殊召喚された時に発動する。そのプレイヤーに2000ダメージを与える。


原作やアニメなどで初登場し、OCGで理不尽な目にあったカードのリメイク。
登場当初からあまりの理不尽な失敗調整からソステリスクとして有名なカード。

そこで原作アニメの効果を調整したオリカとした。
召喚条件のみOCG版を引き継いでいる(通常召喚可能にしても特に意味がなく、原作再現にも関係ないため)。
原作での1つめの効果のテキストミスを修正(自身を含むと無限ループになる)。
また、1つめの効果のターゲットを「機皇」モンスターに調整した(原作アニメでは機械族モンスター)ほか、参照する数値を元々の数値としている。

さらに4つめの効果のダメージはアニメとOCGのライフ差に準拠し、倍のダメージとなっている。この効果はこのカードが既にフィールドに存在する状態で、相手がシンクロ召喚しなければ発動しないため、狙って発動することは不可能。そしてこのカードがフィールドにいるのに、のこのことシンクロ召喚する可能性も低いため、この調整で妥当なところだろう。これだけ厳しく、ダメージのみで召喚されたシンクロモンスターを除去したりもしないのだから。

そもそも原作アニメでの性能が、ある程度調整されているため、実際にあのままの効果(テキストミスは省く)であっても、壊れというほどの性能ではない。
攻撃力は自分フィールドのモンスターに依存するため不安定。
3つめの破壊耐性も、コストが自分フィールドなのでポンポン発動できるわけではない上に、1つめの効果と連動して攻撃力も下がる。
元々意外にも控えめな性能である。

OCG版の性能調整はちょくちょく見られる弱くしすぎた失敗調整であり、あそこまで弱くしておいて「フィールドのモンスターを墓地に送って攻撃力アップ」にする必要はなかった。

今回は特大サイズの画像なので、アポリアファンは是非に。

※:当カードはあくまでもオリカであり、印刷した場合、公式大会などに使用することはできず、一切の無断使用をお断りいたします。
一個人の鑑賞、および理解ある相手とのデュエルでのみお楽しみください。
いかなるトラブルが起こっても私は責任を負いません。

遊戯王オリカ「ヘル・ブラスト」

オリカ「ヘル・ブラスト」
「ヘル・ブラスト」
通常罠
1.自分フィールドに表側表示で存在するモンスター1体が破壊され墓地に送られたターンに発動できる。フィールドの表側表示モンスター1体を破壊し、破壊したモンスターの攻撃力の半分のダメージを相手に与える。
2.墓地のこのカードを除外して発動する。
自分のデッキからレベル5以下・闇属性の「ヘル」または「地獄」モンスター1体を特殊召喚する。このカード名のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。


明らかに性能に問題のあるカードのオリカエラッタ
原作再現ではなく、OCG版をベースに原作に近づけ、おまけ効果をつけた。

1つめの効果は魔法カードだった原作に近い効果に。
2つめの効果はシナジーの全く無い酷いエリート万丈目デッキのフォロー。

※:当カードはあくまでもオリカであり、印刷した場合、公式大会などに使用することはできず、一切の無断使用をお断りいたします。
一個人の鑑賞、および理解ある相手とのデュエルでのみお楽しみください。
いかなるトラブルが起こっても私は責任を負いません。

遊戯王オリカ「炎獄魔人ヘル・バーナー」

オリカ「炎獄魔人ヘル・バーナー」
「炎獄魔人ヘル・バーナー」
悪魔族、レベル6、炎属性、攻撃力2800、守備力1800
0.このカードを通常召喚する場合、リリースは攻撃力2000以上のモンスターでなければならない。
1.このカードを除く手札を全て捨てることで発動できる。このカードの通常召喚に必要なリリースをなくす。
2.相手フィールドの炎属性以外のモンスター1体につきこのカードの攻撃力は200アップする。
3.このカードを除く自分フィールドの炎属性以外のモンスター1体につき、このカードの攻撃力は200ダウンする。


原作やアニメなどで初登場し、OCGで理不尽な目にあったカードのリメイク。
理不尽な召喚条件・さらに理不尽な弱体化。さらに召喚条件が特殊なので、実質通常召喚できない効果。

とはいえ、あの変な召喚条件は強烈な個性なので、調整して残した。
まず効果外テキストとして通常召喚の条件に「攻撃力2000以上のモンスターのリリース」という部分を残した。リリースに条件があるだけなので、リリースをなくす効果を受けることもできる。

そして手札を捨てるのは1つ目の召喚効果に分離。手札を全て捨てれば手札から攻撃表示で通常召喚可能。
手札を全て捨てる必要があるのでリスクが高いのだから、これくらいしてもいいはず。通常召喚に加えて・通常召喚とは別に、ではないので召喚権が残っていないと使えないのも、リスクとしてわざと残した。

2つめと3つめは元の攻撃力増減だが、減る数値は200まで落としてプラマイ0にできるようにした。また、どちらも炎属性はカウントしない。炎獄魔人だし。

原作アニメでは手札全てと攻撃力2000以上のモンスターをリリースする召喚条件なのでOCGも微妙に違うが・・・手札捨てる必要がどこにあるのか。次の万丈目のターンがこないからって手札全部捨てさせる必要はないだろうに・・・。
アニメでは攻撃力アップの効果しか使っていないので、攻撃力ダウンの数値が減っても原作再現に影響なし。

※:当カードはあくまでもオリカであり、印刷した場合、公式大会などに使用することはできず、一切の無断使用をお断りいたします。
一個人の鑑賞、および理解ある相手とのデュエルでのみお楽しみください。
いかなるトラブルが起こっても私は責任を負いません。

遊戯王オリカ「地獄の番熊」

オリカ「地獄の番熊」
「地獄の番熊」
獣族、レベル4、闇属性、攻撃力1300、守備力1800
1.このカードが召喚・反転召喚した時に発動する。このカードは守備表示になる。
2.このカードが自分フィールドに存在する限り、フィールドの「万魔殿-悪魔の巣窟-」は相手がコントロールするカードの効果を受けない。
③:自分フィールドの闇属性「ヘル」または「地獄」モンスターが攻撃・効果の対象になった場合に発動できる。その攻撃・効果の対象をこのカードに変更する。


古すぎるゆえに効果の調整下手で死んでいるカードのリメイク。

1つめの効果でこのカードを出しやすく、2つめの効果でパンディモニウムに強烈な耐性を付与する。
3つめの効果はおまけ。
これでも弱いと思うけど、まあつかえなくもないかな・・・

※:当カードはあくまでもオリカであり、印刷した場合、公式大会などに使用することはできず、一切の無断使用をお断りいたします。
一個人の鑑賞、および理解ある相手とのデュエルでのみお楽しみください。
いかなるトラブルが起こっても私は責任を負いません。

遊戯王オリカ「リターン・ゾンビ」

オリカ「リターン・ゾンビ」
「リターン・ゾンビ」
アンデッド族、レベル4、闇属性、攻撃力1000、守備力1600
0.「リターン・ゾンビ」の効果は1ターンに1度しか発動できない。
1.自分スタンバイフェイズにフィールドから墓地に送られたこのカードが墓地に存在し自分の手札が3枚以下の場合に発動できる。このカードを手札に加える。


理不尽な性能のカードのリメイク。
よくある弱すぎる意味不明な調整失敗カードの1つ。自分の手札0という厳しい条件を満たしてこのカードを手札にサルベージするだけ。
発動タイミングがドローフェイズのすぐ後のスタンバイフェイズなので、なんらかの対策をしないと基本的に効果の発動すらできない。サルベージしても何の強みもないモンスターなので、どうしろと。

ということで手札の参照枚数を緩和してある程度発動しやすくした。無限コストにされると壊れるので1ターン1度制限をつけ、フィールドから墓地に送られた状態でなければサルベージできない。
・・・うーん・・・これでも使いにくいかなぁ。

また、原作再現という意味ではリボーン・ゾンビの効果は使用されていないので問題なし。

※:当カードはあくまでもオリカであり、印刷した場合、公式大会などに使用することはできず、一切の無断使用をお断りいたします。
一個人の鑑賞、および理解ある相手とのデュエルでのみお楽しみください。
いかなるトラブルが起こっても私は責任を負いません。

遊戯王オリカ「リボーン・ゾンビ」

オリカ「リボーン・ゾンビ(アニメ)」
「リボーン・ゾンビ」
アンデッド族、レベル4、闇属性、攻撃力1000、守備力1600
0.「リボーン・ゾンビ」の効果は1ターンに1度しか発動できない。
1.自分スタンバイフェイズにこのカードが墓地に存在し自分の手札が2枚以下の場合、500ライフを払う事で発動できる。このカードを特殊召喚する。


原作やアニメなどで初登場し、OCGで理不尽な目にあったカードのリメイク。
OCG版の効果は意味不明。自分の手札0という厳しい条件を満たしてサンドバッグを立たせてどうする。せめて守備表示でもいけないと、本当に意味が無い。
低い攻撃力をさらして得られる戦闘破壊耐性は、相手に殴りやすいサンドバッグを提供するだけである。なんにもメリットがない。
しかもリボーン(復活)してない。

ということで手札を参照する点だけ残し、毎ターン蘇生できる効果とした。手札2枚以下という条件に加えて500コストも必要。
さらにスタンバイフェイズに1度しか発動できないので、決して強力ではないはず。
リリースや素材利用に便利だが、手札消費が激しくないと発動できない。ライフコストも500とはいえ、積み重なるとでかいので注意したいところ。

また、原作再現という意味ではリボーン・ゾンビの効果は使用されていないので問題なし。

※:当カードはあくまでもオリカであり、印刷した場合、公式大会などに使用することはできず、一切の無断使用をお断りいたします。
一個人の鑑賞、および理解ある相手とのデュエルでのみお楽しみください。
いかなるトラブルが起こっても私は責任を負いません。

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索