FC2ブログ

Entries

ピックスアーク ノービス草原の生物

ノービス草原でも地下を採掘すれば様々な鉱石類が手に入ります。
特に周囲を危険なエリアに囲まれている初期リスポーンノービス草原に当たった場合は、地下で採掘すると良い。安全に採掘できる。

「石」も割と浅い地層以降はほとんど石で構成されているので、表面に石が見つからなければ5ブロック程度地表を掘ればすぐ見つかる。

階段状に最下層まで掘り返して以下のアイテムが結構な数採掘できる。
「大理石」、「石英」、「イオウ」、「銅」、「鉄」、「銀」、「金」、「スピネル」、「5種類の魔法石」。
最上級クラスのクラフトを行うまでは割と十分な数の採掘が可能(最下層まで採掘すれば100以上は期待できる)で、他エリアでの採掘が厳しいと感じるようなら、ノービス草原を地下採掘を行うと良い。
「石炭」も見つかったが、これは少なめ。

また序盤は「ねんどブロック」が見つけにくいが、これは土ブロックに水が触れるとねんどブロックに変化するので、水の中に土ブロックを設置するとよい。


ノービス草原の生物

ホタル
ピックスアーク:ホタル
:体力1.0、スタミナ100.0、酸素150.0、最大食料100.0、積載重量150.0、気絶値0.8
・肩に乗せれる。
・餌付けテイム
腹部を発光させるのが有名な昆虫。
極小サイズの最弱の生物だけに体力は1なので攻撃を受ければ必ず死ぬ。
つかむことで肩に乗せ、使用期限の無いプレイヤーの光源になるが、プレイヤーが攻撃を受けると簡単に死ぬので注意。
非常に小さいためターゲティングが難しいが、テイムすれば明かりになるのでテイムする価値はある。

ドードー
ピックスアーク:ドードー
:体力15.0、スタミナ150.0、酸素150.0、最大食料300.0、積載重量50.0、気絶値12.0
・持ち運びができる。
・餌付けテイム
近代に人類に狩りつくされて絶滅した飛べない鳥。
最弱クラスの生物。攻撃してくることは無い、完全温厚型。
現実の絶滅理由と同じく、動きはトロくて無抵抗と、非常に倒しやすい。
最序盤にを手に入れる貴重な手段となる。
また設備のドードーの巣で卵を生産することが出来るので大事にしても良い。
攻撃されると涙を流してヨタヨタと逃げ回ってかわいそうなので心が痛むのが苦しいところ。

ミミウサギ
ピックスアーク:ミミウサギ
:体力15.0、スタミナ150.0、酸素150.0、最大食料600.0、積載重量50.0、気絶値12.0
・頭に乗せれる。
・餌付けテイム
大きな耳を持つウサギ。オリジナル小型生物。
最弱クラスの生物。攻撃してくることは無い、完全温厚型。
倒しても手に入るアイテムの量が非常に少ないが、ノービス草原では貴重な毛皮をドロップする。
小さすぎるせいか肉はほとんどドロップしない。

スライム
ピックスアーク:スライム
:体力15.0、スタミナ100.0、酸素150.0、最大食料600.0、積載重量100.0、気絶値12.0
・頭に乗せれる。
・餌付けテイム
ゼリー状の体を持つ魔法生物。オリジナル小型生物。
最弱クラスの生物。攻撃してくることは無い、完全温厚型。
無抵抗でありながら腐った肉などの重要な素材をドロップするので序盤から積極的に倒したい。
びったんびったんと独特を音を鳴らしながら移動するので、近くにいることがわかりやすい。

フィオミア
ピックスアーク:フィオミア
:体力40.0、スタミナ200.0、酸素150.0、最大食料1500.0、積載重量100.0、気絶値32.0
・ライド可能
・餌付けテイム
ゾウのご先祖の中型生物。イノシシではない。
中型生物ながら体力が非常に低いため脆い。
専用設備であるフィオミアの小屋を使う場合に必要。堆肥箱より遥かに効率良く肥料が生産できる。

パキケファロサウルス
ピックスアーク:パキケファロサウルス
:体力56.0、スタミナ100.0、酸素150.0、最大食料300.0、積載重量100.0、気絶値44.8
・ライド可能
・餌付けテイム
頭突きができる硬い頭で有名な小型恐竜。
小型生物なので、テイムが簡単な分、戦闘能力は低い。

ターキー
ピックスアーク:ターキー
:体力70.0、スタミナ50.0、酸素150.0、最大食料300.0、積載重量50.0、気絶値44.8
・持ち運びができる。
・餌付けテイム
和名・七面鳥。攻撃してくることは無い、完全温厚型。
ドードーと似たような行動パターンだが、ドードーと違って体力が結構あるのでゲーム開始直後はタフ。
よって攻撃力のある攻撃手段がないうちは無理に倒さないほうが良い(無駄に手間がかかる)。
ある程度攻撃力があればターキーの肉は有用なアイテムなので欲しいところ。

プテラノドン
ピックスアーク:プテラノドン
:体力108.0、スタミナ300.0、酸素150.0、最大食料1500.0、積載重量350.0、気絶値120.0
・飛行可能、ライド可能
・小型生物をつかめる
・気絶テイムLv20
最も有名な大型の翼竜。ゲームではプテラノドンより小さい翼竜は登場しない。何故は歯がある。
初めてテイムできる中型の飛行生物。
ノービス草原ではそれなりに体力があるものの、他エリアに行くと簡単に瞬殺される程度。
反撃型の性質だが、攻撃を加えた場合は逃げていくだけで、スポーンした卵を回収した場合に攻撃的になる。

トリケラトプス
ピックスアーク:トリケラトプス
:体力198.0、スタミナ250.0、酸素150.0、最大食料2100.0、積載重量500.0、気絶値158.4
・ライド可能
・木材収穫可能
・草収穫可能
・ベリー収穫可能
・餌付けテイムLv30
最も有名な大型の角竜類の恐竜。実際はかなり強い恐竜と考えられている。
ノービス草原では最強の中型生物。ある程度の戦闘能力を備えている。
が、トリケラトプスでありながら、他エリアの生物と比較するとかなり弱いので、さして頼りにならないので注意。
雑草や低木を攻撃することでを回収でき、わらベリーを通常より多く回収可能。
図体がでかいのでアイテム回収の時は周囲に気をつけよう。
パラサウロロフスと比較して、こちらのほうがテイム難易度は高いが、初期エリアにスポーンする上、戦闘能力がある。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/523-4ef9a190

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索