Entries

遊戯王オリカ「E・HERO カオス・ネオス」

オリカ「E・HERO カオス・ネオス」
「E・HERO カオス・ネオス」
戦士族、レベル9、闇属性、攻撃力3000、守備力2500
融合素材:「E・HERO ネオス」+「N・ブラック・パンサー」+「N・グロー・モス」
0.自分フィールドの上記のカードをデッキに戻した場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる。
1.エンドフェイズ時に発動できる。このカードをEXデッキに戻し、フィールドの全ての表側表示モンスターを裏側守備表示にする。その後、デッキから「E・HERO ネオス」1体を特殊召喚する。
2.自身の効果によって、このカードがEXデッキから特殊召喚した時に発動する。以下の効果から1つを選んで適用する。
●相手フィールドの全てのモンスターを破壊する。
●このターン相手フィールドの効果モンスターの効果は無効化される。
●フィールドのこのカード以外の全てのモンスターを持ち主の手札に戻す。


原作やアニメなどで初登場し、OCGで理不尽な目にあったカードのリメイク。
原作アニメでの効果は全て判明していないが、それにしても召喚条件の困難さと比べて調整がまるでできていないと評判のカード。ただでさえコンタクト融合体はいずれもデメリットが非常に厳しいというのに。
なによりである。コイントス失敗の確率が異様に高い上にデメリットまでつける必要はあったのか?答えはどう考えてもNOである。このカード自身も巻き込まれ、エンドフェイズを待たずにEXデッキに戻ってしまう。
件のデメリットがなくてもイマイチなカードだというのに、あんまりである。

アニメでは特に条件なく任意に発動できたようなので、それに沿う形で調整しなおした。

召喚条件はそのまま。
1つめのエンドフェイズの効果を調整し、任意発動かつ効果処理後にデッキからネオスをフィールドに戻せるというもの。カオス・ネオスがあまりに弱いことからつけた。

2つめの効果が本題のエラッタ調整。
その調整は正規の方法でこのカードがEXデッキから特殊召喚できた時に、任意の効果を選ぶというもの。
これならフィールドに維持して何度も効果を発動することはできない。
ただし、EXデッキに戻るというコンタクト融合体共通のデメリットが繰り返し効果を使うチャンスにもつながるようになっている。
そして選べる3つめの効果が、自分モンスターバウンスでは全く意味がないので、自身以外のモンスターバウンスとした。自分のモンスターも巻き込むので、1つめの効果との差別化ができるはず。

今回は特大サイズの画像。

※:当カードはあくまでもオリカであり、印刷した場合、公式大会などに使用することはできず、一切の無断使用をお断りいたします。
一個人の鑑賞、および理解ある相手とのデュエルでのみお楽しみください。
いかなるトラブルが起こっても私は責任を負いません。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/475-802c0598

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索