FC2ブログ

Entries

遊戯王オリカ「機皇神龍アステリスク」

オリカ「機皇神龍アステリスク」
「機皇神龍アステリスク」
機械族、レベル10、闇属性、攻撃力0、守備力0
0.このカードは通常召喚できない。自分フィールドに「機皇」モンスターが3体以上存在する場合に特殊召喚できる。
1.このカードの攻撃力は自分フィールドのこのカードを除く「機皇」モンスターの元々の攻撃力の合計の数値となる。
2.自分フィールドのこのカード以外の機械族モンスターは攻撃対象にできない。
3.このカードが戦闘・効果で破壊される場合に発動できる。代わりに自分フィールドの機械族モンスター1体を破壊する。
4.シンクロモンスターが特殊召喚された時に発動する。そのプレイヤーに2000ダメージを与える。


原作やアニメなどで初登場し、OCGで理不尽な目にあったカードのリメイク。
登場当初からあまりの理不尽な失敗調整からソステリスクとして有名なカード。

そこで原作アニメの効果を調整したオリカとした。
召喚条件のみOCG版を引き継いでいる(通常召喚可能にしても特に意味がなく、原作再現にも関係ないため)。
原作での1つめの効果のテキストミスを修正(自身を含むと無限ループになる)。
また、1つめの効果のターゲットを「機皇」モンスターに調整した(原作アニメでは機械族モンスター)ほか、参照する数値を元々の数値としている。

さらに4つめの効果のダメージはアニメとOCGのライフ差に準拠し、倍のダメージとなっている。この効果はこのカードが既にフィールドに存在する状態で、相手がシンクロ召喚しなければ発動しないため、狙って発動することは不可能。そしてこのカードがフィールドにいるのに、のこのことシンクロ召喚する可能性も低いため、この調整で妥当なところだろう。これだけ厳しく、ダメージのみで召喚されたシンクロモンスターを除去したりもしないのだから。

そもそも原作アニメでの性能が、ある程度調整されているため、実際にあのままの効果(テキストミスは省く)であっても、壊れというほどの性能ではない。
攻撃力は自分フィールドのモンスターに依存するため不安定。
3つめの破壊耐性も、コストが自分フィールドなのでポンポン発動できるわけではない上に、1つめの効果と連動して攻撃力も下がる。
元々意外にも控えめな性能である。

OCG版の性能調整はちょくちょく見られる弱くしすぎた失敗調整であり、あそこまで弱くしておいて「フィールドのモンスターを墓地に送って攻撃力アップ」にする必要はなかった。

今回は特大サイズの画像なので、アポリアファンは是非に。

※:当カードはあくまでもオリカであり、印刷した場合、公式大会などに使用することはできず、一切の無断使用をお断りいたします。
一個人の鑑賞、および理解ある相手とのデュエルでのみお楽しみください。
いかなるトラブルが起こっても私は責任を負いません。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/471-b2fdeaab

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索