Entries

壊獣図鑑「覇壊機獣 メカゾゴラ」

壊獣(かいじゅう)」とは、グランブルーファンタジー・イベント「ロボミ」および「ロボミ外伝」に登場する怪物のことである。
なお、「か」にアクセントをおいて発音する。怪獣とは違う。

7万年以上もの古代、突如出現しては街や人々を襲った狂暴な生命体の総称。
通常の攻撃を遮断する斥力フィールドという防護シールドを持っており、
抗斥力フィールド発生装置を持つロボミで、斥力フィールドを無効化しない限りダメージを与えられない。
斥力フィールドを最大展開することで短時間の飛行も可能。
以前ロボミとの戦いの後全て消えたと思われていたが、しばらくして突如再び出現し始める。


覇壊機獣 メカゾゴラ

浮遊壊獣ブコン
暴喰壊獣デルマ
発光壊獣マーバ
閃光壊獣キングマーバ
覇壊獣ゾゴラ
覇壊機獣メカゾゴラ
壊獣四天王
覇壊神ダイモン


覇壊機獣 メカゾゴラ
覇壊機獣 メカゾゴラ

四天王ディジー、フィリーの手で改造・サイボーグ化されたゾゴラ。
パワーこそゾゴラを受け継ぎ、並の壊獣より遥かに強いが、オリジナルよりも動作が鈍く、パワーも落ちている。
さらに四天王ウィストムの改造した壊獣コントローラは生産性や一見性能が向上しているが、
重要なパーツをはずしてしまったため、機械のノイズを受けやすくなっており、
研究艇の動力が近づくと大きくパワーダウンしてしまう。また大きなダメージを受けると暴走する危険もある。


マルチバトル(ベリーハード)で戦うことになる中ボスポジションの壊獣。
名前どおり、ゾゴラをメカの力でサイボーグ化し、操りやすくしたもの。
特撮におけるお約束「再生怪人は弱い」を体現したネタのため、ゾゴラより弱体化している。
技も全体的にパワーダウン。その弱体化した理由が面白い。

なおゾゴラと違ってなぜか効果音が追加されており、登場時に足音、待機時に尻尾の効果音が追加されている。
また倒したときのエフェクトが専用のものになっており、バックパックが爆発し、続いて本体も誘爆する。芸が細かい。



覇壊機獣 メカゾゴラ(通常攻撃)
通常攻撃は放電火炎

覇壊機獣 メカゾゴラ(デストロイファング)
特殊技1 デストロイファング
チャージターン技。両腕の鋭い爪で切り裂いて、ランダム対象に2回攻撃する。
名前がファングに変わっているが、噛み付きではなく、やっていることはデストロイクローと全く同じ。演出もエフェクトも同じ。

覇壊機獣 メカゾゴラ(咆哮)
特殊技2 咆哮
チャージターン技。すさまじいうなり声を上げ、発生した衝撃波で敵全体に攻撃する。
追加効果で攻撃対象に、攻撃力ダウンを付与する。
技名・演出・エフェクトいずれもゾゴラと全く同じだが、追加効果が全く違う。ゾゴラに比べれば脅威ではない。

覇壊機獣 メカゾゴラ(火炎放射)
特殊技3 火炎放射
チャージターン技。オーバードライブ時のみ使用する。モードゲージが無い場合は使用不可。
背ビレを発光させ口から電撃状の炎を連射して敵全体を攻撃する。
追加効果でゾゴラ自身に、過熱を付与、攻撃対象に、灼熱を付与する。
技名が大幅にパワーダウンしているので威力は下がっているが、追加効果は増えており端的に説明すると敵味方全体を追加ダメージ状態にするといったもの。
覇壊機獣 メカゾゴラ(火炎放射)



覇壊機獣 メカゾゴラ

覇壊機獣 メカゾゴラ

覇壊機獣 メカゾゴラ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/386-ea82548c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索