Entries

アラド戦記 鎧騎士系モンスター

ネットゲーム「アラド戦記」の「鎧騎士系」のモンスター。
の、適当なまとめ。ほとんど意味はなし。

暴龍王バカルが作り出した魔法生命体。
天城の封鎖・防衛するために光の城主ジグハルトを筆頭に無数の魔法騎士のモンスターが生み出された。

古代王の遺跡には王とそれを守護するキングスガード達が騎士鎧のモンスターとして蘇る。

地獄からはブラッドエクスペラー騎士団も現れた。

■登場するモンスター一覧
 エクスペラー
 アックスエクスペラー
 ヘブンエクスペラー
 ティンソードマン
 レギオン
 アクシオン
 風のアッシュ
 守護のミリア
 氷のアイストム
 炎のジェラード
 光のウェデロス
 ハンマー王ボロディーン
 インファーナルナイト
 インファーナルランサー
 インファーナルチョッパー
 ゼテス
・召喚獣
 黒騎士サンドル
 怒りの黒騎士サンドル


エクスペラー
エクスペラー
天城「闇の玄関、城主の宮」で登場。
タイプは複合体。
暴龍王バカルが作り出した魔法生命体。
天城を通ろうとする者の抹殺を行う、ヘブンエクスペラー部隊の戦士である。
彼らは、光の城主ジグハルトの親衛隊でもあり、ヘブンエクスペラーに率いられている。
バカルが天界を支配していた時代では、天界全域にのさばっていた。

普段は鎧の彫像のふりをしているが、プレイヤーが一定範囲まで近づくと動き始める。
鎧の彫像状態の間は攻撃をまったく受け付けない。
ダメージを受けると頭、片腕、足の順に破壊される。
攻撃方法は剣による突き刺し攻撃と、ダッシュ斬りつけ攻撃。
またガードによって受けるダメージを半分に減少させる。
滑るように4キャラ分ほど移動しながら攻撃するダッシュ斬りが厄介だが、攻撃範囲自体は狭い。



アックスエクスペラー
アックスエクスペラー
天城「闇の玄関、城主の宮」で登場。
タイプは複合体。
斧を装備したエクスペラーの亜種。
冷たい鎧の中では赤い目が光るのみ。遠距離攻撃に対してハイパーアーマーとなる。
ハルバードを装備しているため、エクスペラーより攻撃範囲が広いのが特徴。

普段は鎧の彫像のふりをしているが、プレイヤーが一定範囲まで近づくと動き始める。
鎧の彫像状態の間は攻撃をまったく受け付けない。
ダメージを受けると頭、片腕、足の順に破壊される。
攻撃方法はエクスペラーとそれほど変わらないが、斬り攻撃時にハイパーアーマーになることがある。
ダメージを半減するガードも行う。

ゲーム中の表記は「エックスエクスペラー」だが、モンスターカードやデータを見ても、翻訳ミスであることがわかる。



ヘブンエクスペラー
ヘブンエクスペラー
天城「闇の玄関」のボス。「街侵攻イベント」でも登場
旧天城では「セパロタ下層」のボスだった。
タイプは複合体。
暴龍王バカルが作り出した魔法生命体。
光の城主の親衛隊にして天界への道を封鎖する、ヘブンエクスペラー部隊のリーダー。
天城の中にある闇の玄関に控え、侵入者を迎え撃つ。

普段は鎧の彫像のふりをしているが、プレイヤーが一定範囲まで近づくと動き始める。
鎧の彫像状態の間は攻撃をまったく受け付けない。
自在に雷を操る能力を持つ。基本的にハイパーアーマーになったら離れた方が良い。

ビームソード斬り
 ハイパーアーマー化して剣を振り下ろす攻撃。感電効果がある。
 エクスペラーと同じように数キャラ分移動しながら斬る場合と、その場で振り下ろす場合がある。

ビームソード連続斬り
 その場で何度か剣を振り下ろす。感電効果がある。
 2回攻撃が1セットで、何度か繰り返す。

ビームソードダッシュ突き
 盾を構える準備動作の後、滑るように素早く移動しながらの突き攻撃。
 横軸の攻撃範囲が広く、多段ヒットする。威力もそれなりに高い。
 縦軸の範囲は狭いので、縦軸移動で回避可能。

1列サンダーボルト
 ビームソード斬りを行うと同時に前方1方向に連続で落雷を落とす。落雷には感電効果がある。
 以下サンダーボルトは全て、斬り攻撃にもちゃんと攻撃判定と感電効果がある。
 また落雷はヘブンエクスペラーの近くで食らうと、連続して食らうので威力が高い。
 ヘブンエクスペラーの体力が減ってくると使わなくなる。

2列サンダーボルト
 ビームソード斬りを行うと同時に前方2方向に連続で落雷を落とす。
 画面端などで3列サンダーボルトが使えない場合などに使用する。

3列サンダーボルト
 ビームソード斬りを行うと同時に前方3方向に連続で落雷を落とす。
 落雷は全てヘブンエクスペラーの近くから発生するので、密着しているとすさまじいダメージになる。
 ヘブンエクスペラーの体力が減ってくると、1列サンダーボルトに代わりに使うようになる。

なお、街侵攻イベントではデータ設定にミスがあり、グラフィックは取り違えで攻撃方法もおかしい。



ティンソードマン
ティンソードマン
天城「浮遊城」、アンダーフット「王の遺跡」、亡者の峡谷「無限の祭壇」、「街侵攻イベント」で登場。
タイプは複合体。
暴龍王バカルの作り出したエリート騎士団、竜王騎士団を構成する鎧騎士。
その身には騎士団の証である、竜模様の飾りを身につけている。
バカルの魔法で何度でも蘇るという不死身の騎士で、かつて天界を恐怖で支配していたという。
現在は主であるバカルも滅んでいるため、蘇る能力は失われている。

エクスペラーと違い部屋に入った直後から動き始める。
攻撃方法はエクスペラーとほぼ同じだが、距離をとりながらふらふらと移動する。
剣による斬りおろし、若干の溜め動作からの突き攻撃と、ダメージを半減するガードを行う。
攻撃時には1,2キャラ分程度移動しながら攻撃するのも共通。



レギオン
レギオン
天城「浮遊城」で登場。
タイプは複合体。
暴龍王バカルの作り出したエリート騎士団、竜王騎士団を構成する鎧騎士。
その身には騎士団の証である、竜模様の飾りを身につけている。
バカルの魔法で何度でも蘇るという不死身の騎士で、かつて天界を恐怖で支配していたという。
現在は主であるバカルも滅んでいるため、蘇る能力は失われている。

エクスペラーと違い部屋に入った直後から動き始める。
武器が槍であるくらいで、ティンソードマンとさほど変わらないが、アクシオンがいる場合は別。
槍振り下ろし、槍突き、突撃などを行う。一定確率でハイパーアーマー化する。
アクシオンの号令による突撃はダメージも大きく、移動スピードや距離も段違い。



アクシオン
アクシオン
天城「浮遊城」で登場。
タイプは複合体。
浮遊城の7Fに控える、竜王騎士団の親衛隊長。
部下の騎士団を素早く組織的に行動させる統率力を持つ。

エクスペラーと違い部屋に入った直後から動き始める。
アクシオン自体の行動はエクスペラーとほぼ変わらないが、
溜め動作の後、剣を振り下ろすことで、近くにいるレギオン全員に一斉に突撃させる。
レギオンの一斉突撃攻撃は非常に強力で、数が多いと範囲も広くなるため危険。
アクシオンを真っ先に倒そう。

斬りおろし攻撃、突き攻撃、ガードはいずれもエクスペラーなどと同じ。
号令時には剣を振り上げた状態での溜め動作がかなり長いので区別できる。



風のアッシュ
風のアッシュ
アンダーフット「王の遺跡」、「街侵攻イベント」で登場。
タイプは複合体。



守護のミリア
守護のミリア
アンダーフット「王の遺跡」、「街侵攻イベント」で登場。
タイプは複合体。



氷のアイストム
氷のアイストム
アンダーフット「王の遺跡」、「街侵攻イベント」で登場。
タイプは複合体。



炎のジェラード
炎のジェラード
アンダーフット「王の遺跡」、「街侵攻イベント」で登場。
タイプは複合体。



光のウェデロス
光のウェデロス
アンダーフット「王の遺跡」、「街侵攻イベント」で登場。
タイプは複合体。



ハンマー王ボロディーン
ハンマー王ボロディーン
アンダーフット「王の遺跡」のボス。
タイプは複合体。



インファーナルナイト
エクスペラー
亡者の峡谷「無限の祭壇」で登場。
タイプは複合体。
地獄からやって来たブラッドエクスペラー騎士団の一員。
基本的にエクスペラーとほぼ同じもの。



インファーナルランサー
レギオン
亡者の峡谷「無限の祭壇」で登場。
タイプは複合体。
地獄からやって来たブラッドエクスペラー騎士団の一員。
基本的にレギオンとほぼ同じもの。



インファーナルチョッパー
アックスエクスペラー
亡者の峡谷「無限の祭壇」で登場。
タイプは複合体。
地獄からやって来たブラッドエクスペラー騎士団の一員。
基本的にアックスエクスペラーとほぼ同じもの。



ゼテス
ゼテス
亡者の峡谷「無限の祭壇」で登場。
タイプは複合体。
地獄からやって来たブラッドエクスペラー騎士団の騎士長。
ダメージを受けると頭、片腕に破壊される。

ナギナタ斬り
 その場でハイパーアーマー化してナギナタを振り下ろす。出血効果。

ナギナタ突き
 エクスペラー系と同じ突き攻撃。ハイパーアーマー状態で使う。出血効果。

クロスサンダーボルト(4列サンダーボルト)
「我を怒らせたな!」
 体力が減ってくると上記の台詞と共に使用する。
 ナギナタ斬りを行うと同時にX字の4方向に闇属性の落雷を連続で落とす。
 具体的には頭と片腕を失ってから使い始める。

ガード
 盾を構えて防御し、受けるダメージを半分に減少する。バリアエフェクトが出る。

召喚
「騎士団よ、我を守るのだ!」
 ナギナタ斬りを行うと同時にゼテスの周囲にティンソードマン4体を召喚する。

怒りの奮起
 体力減少時、2回まで自分に移動・攻撃速度、防御力上昇のバフをかける。
 同時に闇属性の落雷を落とす。頭部、片腕が破損するタイミングで使う。

復讐の雷
 ダメージを受けた時、一定確率でプレイヤーキャラの位置に闇属性の落雷を落とす。
 ゼテスが空中でダメージを受けている場合は使わないが、使用頻度はかなり高い。
 体力が大きく減っていると、3本一度に落とすパターンが追加される。

「やるではないか、小僧・・・。では、尋常に相手しようか!」
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/345-5db5139e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索