Entries

アラド戦記 コボルト系モンスター

ネットゲーム「アラド戦記」の「コボルト系」のモンスター。
の、適当なまとめ。ほとんど意味はなし。

犬型の獣人。アブノヴァの収容所に主に出現する。

アブノヴァとはビルマルク帝国とベルマイア公国の間の広闊な森のことを言う。
あまりにも草木が生い茂っているため、光の通らない黒い森という意味のアブノヴァと呼ばれる。
アブノヴァのモンスターたちは同じ森でも、グランプロリスに棲息するモンスターたちより遙かに邪悪な性質。
彼らは知能が高く、ずる賢い上に自分たちの利益のために帝国に服従している。
アブノヴァには帝国の秘密収容所が隠されているが、その位置を見つけることは不可能に近いとされる。
なぜなら森が迷路のように複雑になっている上に、収容所付近を守るモンスターが多いため、通常は近づくことすらできないためである。

■現在登場するモンスター一覧
 コボルト捜索兵
 ローリングコボルト
 黒いコボルト
 コボルト看守
 コボルト水補給兵
 千里眼のカビカー
 罠王ライオン


コボルト捜索兵
コボルト捜索兵
アブノヴァ「ローリングストーン、帝国城壁」で登場。
タイプは野獣。
アブノヴァに複数存在するビルマルク帝国の秘密収容所の見回りをするコボルトの一種。
ローリングストーンには濡れ衣で収容されているものが多く、脱走者を捕らえるのが役目である。
動きはゆっくりの弱いモンスター。背中に背負ったリュックから岩を取り出し、投げつけて攻撃する。
岩には打ち上げ効果がある。

「さあ、くらえ!」「しねっ!」「でやっ!」 



ローリングコボルト
ローリングコボルト
アブノヴァ「ローリングストーン、帝国城壁」で登場。
タイプは野獣。
巨岩が転がる部屋を見張るコボルト。
手に持つハンマーを振りかぶって飛び掛かったり、ハンマーを振り下ろして殴りつける。

「敵だ!」「ぬあっ!」



黒いコボルト
黒いコボルト
アブノヴァ「ブラックストーン、帝国城壁」で登場。
タイプは野獣。
ブラックストーンの暗闇に溶け込むような黒い毛皮のコボルト。
攻撃方法はローリングコボルトとあまり変わらない。
何故か帝国看守と戦う場合がある。

「嗅いだことのない臭いだ」「うりゃあ!」「ここだ!」「動くな!」「うるさい!」



コボルト看守
コボルト看守
アブノヴァ「レッドストーン、帝国城壁」で登場。
タイプは野獣。
レッドストーンの看守をしているコボルト。耐熱のためかマスクをつけている。
飛び掛かって手にした槍で殴りかかってくる。
レッドストーン看守と戦うことがある。

「何者だ!?」「レジスタンスだ!」



コボルト水補給兵
コボルト水補給兵
アブノヴァ「レッドストーン、帝国城壁」で登場。
タイプは野獣。
レッドストーン収容所に水を供給すると思われるコボルト。
背負った水瓶から大岩を取り出して投げる。
コボルト捜索兵と同じく、岩には打ち上げ効果がある。

「しねっ!」「くらえ!」



千里眼のカビカー
千里眼のカビカー
アブノヴァ「ブラックストーン」で登場。
タイプは野獣。
黒い外套を纏い、両手にカタールを装備したコボルト。
千里眼の異名を持ち、ブラックストーンの暗闇でも敵の位置を察知できる。
攻撃方法はローリングコボルトとあまり変わらない。
カタールによる斬りおろしと、ジャンプ斬りおろしのみ。

ゲーム中は「千里外のカビカー」となっている。誰が見ても誤字だ。

「何の音だ!?」「居場所がわかったぞ!」「そこか!」「うりゃあ!」
「命がなかったな!」




罠王ライオン
罠王ライオン
アブノヴァ「ローリングストーン、帝国城壁」のボス。
タイプは野獣。
アブノヴァの森に存在するビルマルク帝国の政治犯収容所・ローリングストーンを取り仕切るコボルト。
罠王の異名を持ち、ローリングストーンに数々の危険な罠を張り巡らせている。
攻撃方法はローリングコボルトとあまり変わらない。
スパナによる振り下ろしと、ジャンプしながらの殴りかかりのみ。とボスにしてはかなり弱い。

「怖い者知らずな奴だな!」
「誰も逃げられないぞ!」
「くらえ!」「終わりだ!」
「たいしたことない奴らが!」
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/322-d9bc59ab

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索