Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/303-0c98d811

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

アラド戦記 テンタクル系モンスター

ネットゲーム「アラド戦記」の「テンタクル系」のモンスター。
の、適当なまとめ。ほとんど意味はなし。

テンタクルカードグレートテンタクルカード

ベヒーモスの背にある神殿に転移した使徒、
ロータスの忠実なしもべである、不気味なタコの姿のモンスター。
その実体は、魔物と化したGBL教の信徒達で、戦闘中に
GBL教信徒が自らの胸にナイフを突き立てて自害することで、
無数のテンタクルへと変貌することすらある。
タコの姿なのは、ロータス自体がタコの姿のテンタクル系モンスターだからである。

ロータスが滅んだ後も、GBLアラド支部で密かに研究・培養されて現れ、
あまつさえロータスの復活さえ進められようとしていた。

■現在登場するモンスター一覧
テンタクル系
 テンタクル
 デバウアー
 ルクク
 墨のテンタクル
 インベーダー
 スティックル
 合体型テンタクル
巨大テンタクル系
 グレートテンタクル
 ヒドラクル
 長足のロータス
 ロータスの卵
関連
 テンタクルライダー → ゴブリン系
 テンタクル・スローワー → GBL信徒系
 汚染されたGBL教信徒 → GBL信徒系
 突然変異かイル → GBL信徒系


テンタクル
テンタクル
ベヒーモス「神殿外郭、第1脊髄、第2脊髄、など」、「街侵攻イベント」で登場。
タイプは野獣。
一つ目の異様な姿のタコ型モンスター。
回転しながら飛び掛かる攻撃を主に使い、しがみついて吸い付く攻撃も行う。
特にしがみつきは一定時間行動できないので厄介。
また、背が低く打点の高い攻撃は当たりにくい。
腐ってもタコなのか、その「こりこりした触手」はタコ足として料理などにも使われ、
シュシアに渡すと特性のたこ焼きを作ってもらえる。
テンタクルに変貌したGBL信徒もいるらしく、
そのローブの下はもしかしたら無数のタコかもしれない・・・。
GBL信徒が自害すると、召喚されることもある。



デバウアー
デバウアー
ベヒーモス「第1脊髄、第2脊髄、など」、「街侵攻イベント」で登場。
タイプは野獣。
青緑色をした、テンタクルの上位種。
こちらも回転攻撃がメインだが、飛び道具を反射する効果も備えている。
HPが減ってくると、モンスターに吸い付き、
体力の吸収や出血を引き起こす変なモンスター。
GBL信徒が自害すると、召喚されることもある。
GBL研究所に登場する「突然変異かイル」が召喚することもある。



ルクク
ルクク
ベヒーモス「煉獄、第1脊髄、など」、「街侵攻イベント」で登場。
タイプは野獣。
小さいテンタクルの亜種。
テンタクルと同じ、回転しながらのジャンプ攻撃を仕掛けてくる。
見ての通りからだが小さいため攻撃が当たりにくく、
職によっては戦いづらくて嫌なモンスター。
またダウンや投げが無効で、稀に分裂することもある。
GBL信徒が自害すると、召喚されることもある。



グレートテンタクル
グレートテンタクル
ベヒーモス「第1脊髄」のボス。
タイプは野獣。
恐ろしく巨大なテンタクル。その正体はGBLの大神官ノクトヌス。
ロータス転移時に多くの信徒を安全な場所へ導こうとするも、
巨大なモンスターへ変貌してしまった。
巨体ではあるが、ノックバックや投げも有効でダウンもする。
基本的にはやはりテンタクルと似た攻撃を仕掛けてくるが、巨大な分範囲が広い。
飛び掛かりやしがみつきを行い、しがみつきは同時に混乱状態にもしてくる。
最も範囲が広いのは、赤く点滅した後に
画面を縦横無尽に回転しながら飛び回る攻撃で、威力も高い。
また体内からテンタクルたちを生み出す能力を持ち、
ダメージを受けたときにテンタクル系のモンスターを召喚し、どんどん数を増やしてくる。
噴射する黒い煙(墨)は出血効果もある。



墨のテンタクル
墨のテンタクル
堕落の殿堂「GBL研究所」、「街侵攻イベント」で登場。
タイプは野獣。
黒い体色をしたテンタクルの一種。モンスター研究の過程の副産物だと思われる。
見た目や名前の通り体内から墨の塊を噴射する能力がある。
ハイパーアーマー状態になり、連続で噴射することもあり、当然ながら暗黒効果がある。
見た目よりも背が低いのか、テンタクルよりも攻撃が当たりにくい。



インベーダー
インベーダー
堕落の殿堂「GBL研究所」、「街侵攻イベント」で登場。
タイプは野獣。
毒々しい色をした小型のテンタクル。モンスター研究の過程の副産物だと思われる。
飛びついて命中したプレイヤーキャラ取り憑く。
混乱効果があり、一定時間後にプレイヤー付近に再び出現する。
取り憑いている間は効果音がうるさい。



スティックル
スティックル
堕落の殿堂「GBL研究所」で登場。
タイプは野獣。
ルククと同サイズの小さなテンタクル。
異様な黄緑色をしており、これもモンスター研究の過程の副産物だと思われる。
大きな緑色の水球を3つ同時に吐き出して攻撃する。



ヒドラクル
ヒドラクルヒドラクル
堕落の殿堂「GBL研究所」のボス。
タイプは野獣。
モンスター研究所で実験体32-4βというコードネームをつけられた新種のテンタクル。
ヘンドンマイア錬金術協会のロトンによってヒドラクルと名付けられている。
水を吸収して巨大化し、その水を噴射して攻撃すると共に
今度は小さくなり自由にその大きさを変えるという性質を持つ。
水さえ吸収できれば、限りなく巨大化できるとされ、既に開発段階に入っていた。
氷結効果のある巨大な泡を吹き出して攻撃し、ハイパーアーマー状態で大きさを変化させる。
テンタクル特有の回転攻撃も行うが、上空へ飛び上がり触手で突き刺す攻撃は厄介。



結合型テンタクル
結合型テンタクル
堕落の殿堂「GBLふ化場」、「街侵攻イベント」で登場。
タイプは野獣。
無数の小型のテンタクルが1つのモンスターとなったもの。
モンスター研究における副産物の1つか、失敗作ではないかと考えられる。
組み合わさったテンタクルがコンビネーションたくみに攻撃し、
ハイパーアーマー状態になることもある。

ゲーム中では「合体型テンタクル」だが、これもアラドによくある翻訳ミスだと思われる。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/303-0c98d811

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。