Entries

恐竜決闘者「ダイナソー竜崎」

「ワイのダイナソーカードで踏みつぶしたるわッ!」
ダイナソー竜崎

-プロフィール-
名前 :ダイナソー竜崎(だいなそーりゅうざき)
年齢 :15歳
誕生日:12月29日(山羊座)
CV :藤井欣→中村悠一
身長&体重 :165cm、52kg
血液型 :O型
好きな食べ物 :タコ焼き
嫌いな食べ物 :ピーマン
備考 :大阪弁、元全日本大会準優勝者

-デュエルの傾向-
使用デッキ :恐竜&ドラゴンデッキ
戦法 :モンスターによる力押し

初めて行われたデュエルモンスターズ(M&W)全国大会の準優勝者。パワフルで高い攻撃力を持つ恐竜型モンスターを使ったデッキを主に使うことから、ダイナソーの肩書きで呼ばれる。本名は不明。
西日本代表で、大阪弁で喋ることから関西・大阪出身のようである。
優勝決定戦で東日本代表のインセクター羽蛾に、先攻1ターン目で何故か敗れる。その後、決闘者の王国やバトルシティにも参加しているが原作中では目立った戦歴は残せなかった。
ちなみに、これといって妙な言動や行動をしていない遊戯王に数少ない常識人。異常なのは、その非常なまでの不遇っぷりくらいである。


とにかく彼の最大の特徴はその不遇さ。全国大会で準優勝という戦歴こそ光るものの、原作でのデュエルでは全て負けばかりである。
王国編で登場し、後に再登場しているデュエリストは孔雀舞やインセクター羽蛾、梶木漁太、ゴースト骨塚などがいるが舞と梶木に至っては遊戯たちと友情を育み、羽蛾はバトルシティ編でも活躍を見せた。
竜崎は一度は羽蛾と全国大会の優勝を争ったほどでありながら、バトルシティ編での扱いは骨塚とほぼ変わりのない噛ませ犬。レッドアイズの元々の所有者であったにもかかわらずである。

さらに王国編でのデュエル内容も少々疑問が残る。そう対城之内戦で竜崎が行ったのは戦術と呼べるようなものではなく、ひたすら攻撃力の高いモンスターで攻撃するといったもの。
モンスターの特殊能力はおろか、魔法・罠カードすら使っていないのは作者の故意なのかそれとも・・・。
実際竜崎が本当にモンスターで攻撃するしかできない単細胞だったとしたら、全国大会を勝ち抜くことはありえないので、普段はもっとまともにデュエルできるのだと思いたい・・・。
とはいえ、強いモンスターによる力押しを好むデュエリストなのは間違いないだろう。

基本的には恐竜モンスターでデッキを組み、切り札にドラゴンモンスターを採用している。
これは切り札になり得る恐竜モンスターが当時(設定上)いなかったからではないかと思われる。

とにかく扱いが不遇な彼のため、OCGでも恐竜族はスポットライトを浴びることがなかった。
間違いなくこれは竜崎が活躍しなかったことが大きな原因である。

ただし、彼自身は少々自信過剰で単細胞なこと以外、遊戯王に登場する人物としてはかなりまともな人物であるのは見逃せない。

アニメDMでは原作とかなりキャラが変わってしまい、何故かインセクター羽蛾とコンビを組む小悪党にされてしまっている。キャラ改変は残念ではあるが、オリジナルデュエルなども描かれているため善し悪しは分かれるところ。
これは野暮だが、関西在住のはずの竜崎と、関東在住のはずの羽蛾がつるんでいること自体矛盾していたりする。

・使用カード
二頭を持つキング・レックス
剣竜
メガザウラー
ワイルド・ラプター
屍を貪る竜
真紅眼の黒竜
トラコドン(アニメDM)
エビルナイト・ドラゴン(アニメDM)
タイラント・ドラゴン(アニメDM)
暗黒恐獣(アニメDM)
俊足のギラザウルス(アニメDM)
ジャイアントレックス(アニメDM)
ヘルカイドプテラ(アニメDM)
ヘルホーンド・ザウルス(アニメDM)
バルーン・リザード(アニメDM)

・魔法
闇竜族の爪(アニメDM)
超進化薬(アニメDM)

・罠
ジュラシックハート(アニメDM)
冥界の鎖(アニメDM)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/300-26f6ac8c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索