Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/298-955d6409

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

恐竜族「ワイルド・ラプター」

Wilde-Raptor
ワイルド・ラプター

ワイルド・ラプター


●レベル:4、攻撃力:1500、守備力:800
●属性:地、種族:恐竜族、種別:通常モンスター

●カテゴリー:なし
●通常召喚:○、特殊召喚:○
●テキスト:走ることが得意な恐竜。鋭いかぎづめで攻撃する。
●パスワード:01784619


■効果なし


■収録パック(入手先)

・第1期「Vol.2」 (ナンバー:なし、ノーマル)
・第1期デッキ「EX」 (ナンバー:なし、ノーマル)
・第2期「幻の召喚神」 (ナンバー:PG-08、ノーマル)
・第2期デッキ「EX-R」 (ナンバー:EX-58、ノーマル)
・第3期「DUELIST LEGACY Vol.2」 (ナンバー:DL2-049、ノーマル)
・第4期「BEGINNER'S EDITION 1」 (ナンバー:BE1-JP125、ノーマル)


・初の実用的な攻撃力の恐竜族モンスター。
何故か二頭を持つキング・レックスや剣竜などを差し置いて原作から真っ先にカード化された。
しかもそれらのカード化はかなり遅く、序盤に登場したものはいずれも貧弱なモンスターばかりで
ワイルド・ラプターしかまともに戦えるモンスターはいなかった。

・Vol2の時点ではレベル4以下のモンスター最大の攻撃力を持ち、全体的にもハイレベルな攻撃力であった。

・1500という攻撃力は死のデッキ破壊ウイルスなどのカードに引っかかりやすいのが欠点だが、リクルーターなどでデッキから直接召喚できる最大サイズなのは大きな強み。

・見た目は恐竜らしいが、ゲームでは口から火の玉を吐いて攻撃していたこともある。

・デザイン・ネーミングについて
名前からするとベロキラプトルがモチーフっぽく思えるが、
実際は小型肉食恐竜というデザインしか共通点はなく、特徴的な後ろ足のかぎ爪もない。
かなり目立たないが縞模様があるのも気になる。
特に明確なモチーフはないと思われる。
そもそもラプター(ラプトル)とはラテン語で「略奪者や泥棒」を意味する。
決してベロキラプトルのことではない。
日本語にするのなら、野生の略奪者といったところか。

・ゲームにおいて
GCソフト「フォルスバウンドキングダム」にも登場。

■関連カード

●ドロマエオサウルス類のモンスター
・ワイルド・ラプター
・俊足のギラザウルス
・暗黒ヴェロキ
・ジュラック・ヴェロー
・ジュラック・ヴェルヒプト

●同型のモンスター
・トラコドン


■コミックスでの登場

「決闘者の王国編」では竜崎が劣勢になってから、屍を貪る竜に続き守備表示で召喚されるが、屍を貪る竜より攻撃力が低かったためか生き残る
ワイルド・ラプター(DM79話)
その後はコマの隅に何とか残り続けていたが、時の魔術師によって化石化してしまった。
特に活躍はない。

登場はコミックス10巻第79話「時を刻め!!」。


■アニメでの登場

アニメでも「決闘者の王国編」で登場。
ワイルド・ラプター(DM11話)
原作では倒されなかったにも関わらず、なんと1カットでアニメーションもなく炎の剣士に倒されるという悲惨な出番となっている。

登場は第11話「友情パワー!バーバリアン1号・2号」。


■必殺技:ワイルド・バイト

敵に飛びかかって噛み付く。GCソフト・フォルスバウンドキングダムで使用。

また真デュエルモンスターズ1では口から火球を吐き出して攻撃もする。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/298-955d6409

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。