Entries

アラド戦記 GBL系モンスター1

ネットゲーム「アラド戦記」の「GBL系」のモンスター。
の、適当なまとめ。ほとんど意味はなし。

GBL教信徒カードGBL教神官カード

微妙に編集中。

ベヒーモスの背にある神殿を本山とするGBL教の信徒達。
G.B.Lとは「Grand Blue Lore」の略で、規模の大きい宗教であった。
オフィーリアの話によると、ベヒーモスに残る数々の遺跡に残された謎を始め、
限りなき知識の探求を通じ、完全なる人へと近づくのが究極の目的らしい。
間違ってもゴブリンでもボーイズラブでもない、とのこと。

現在は2番目に転移した使徒・ロータスの精神支配によって狂信者の集まりと成り果ててしまった。
唯一ロータスの支配から逃れることができたのは、オフィーリアただ一人である。
信徒達は分厚いローブを被り、同じ装飾の仮面をつけている。
ロータスの精神支配を受けてしまった者を回復させる手段はないらしく、教団は完全に全滅してしまった。

ロータス、マセラスと共に全滅したと思われたGBLの信徒たちが、いかなる経緯を経てか
アラド大陸に建設した支部。そこにはロータスの復活を企てながら、
恐ろしいモンスターの研究を続ける洗脳された信徒達の生き残りがいた。


■現在登場するモンスター一覧
GBL信徒系
 GBL教信徒
 GBL教神官
 GBL教主教
 GBL教大主教
 GBL教司教
 GBL教大司教
 GBL女性信徒
 テンタクル・スローワー
 夜明けの伝道師
 夕暮れの伝道師
 闇の伝道師
 光の伝道師
 イサドラ
 バンジェリス
復活&汚染GBL系
 復活したGBL教信徒
 復活したGBL教女性信徒
 復活したGBL教神官
 復活したGBL教司教
 復活したGBL教主教
 審判者マセラス
 汚染されたGBL教信徒
 突然変異かイル


GBL教信徒
GBL教信徒
ベヒーモス「神殿外郭、白夜、第1脊髄、第2脊髄、女神殿、煉獄※」、「街侵攻イベント」で登場。
ミドルオーシャンを回遊する超巨大生物、ベヒーモスの背中に散らばる
古代遺跡を崇めている宗教GBL教の一般信徒。
教団は唯一逃げ延びたオフィーリアを残し、ロータスの転移によって全滅してしまう。
今では理性を失い、ロータスの操り人形と化しており、ナイフを手に侵入者へと襲いかかる。

ナイフによる斬りつけ攻撃が主な攻撃方法だが、
自分にナイフを突き立てて死ぬことでテンタクルと変貌することがある。



GBL教神官
GBL教神官
ベヒーモス「白夜、第2脊髄、神殿外郭※、デンドロイドのジャングル※、煉獄※」、「街侵攻イベント」で登場。
GBL教の下級神官。やはりロータスの精神支配で傀儡と成りはてている。
一定距離を取るように動き回り、ナイフを投げて攻撃する。
ナイフは攻撃で破壊できるが、遠距離攻撃はやはり慣れないとうざったい。



GBL教司祭
GBL教司祭
ベヒーモス「第2脊髄、煉獄※」で登場。
外郭で出現したGBL教大司教とほぼ同じタイプで、攻撃方法も似ている。
ナイフ斬りつけで攻撃し、GBL信徒&GBL神官に5回限定回避バフをかける。
HPが減るとストーカーを召喚する。



GBL教大司教
GBL教司祭
ベヒーモス「神殿外郭」のボス。
大司祭と共にボスとして登場する。回避率が高い。
こちらのほうが好戦性が高いらしく、大司祭よりも積極的に近づいてくることが多い。
周囲のGBL信徒に5回限定回避バフをかける。
体力が減ると短時間の詠唱後にストーカー2体を召喚するようになる。



GBL教主教
GBL教主教
ベヒーモス「白夜、第2脊髄」で登場。
グランプロリス丘陵地「サザンデール」でも登場したらしい。
外郭で出現したGBL教大主教とほぼ同じタイプで、攻撃方法も似ている。
ナイフ斬りつけで攻撃し、GBL信徒&GBL神官にハイパーアーマーをかける。
HPが減るとウィスプを召喚する



GBL教大主教
GBL教主教
ベヒーモス「神殿外郭」のボス。
グランプロリス丘陵地「サザンデール」でも登場したらしい。
大司教と共にボスとして登場する。回避率が高い。
周囲のGBL信徒にハイパーアーマーをかける。
体力が減ると短時間の詠唱後にウィスプ2体を召喚するようになる。

司祭なのか主教なのか。



夜明けの伝道師
夜明けの伝道師
ベヒーモス「神殿外郭」でクエスト受諾中のみ登場。
グランプロリス丘陵地「サザンデール」でも登場したらしい。
GBLの運命を予見していた予言者ヒヤシスから、夜明けの予言書を託された伝道師。
他の信徒達と同じくロータスの魔の手から逃れることは出来なかった。

クエスト「預言者ヒヤシスの預言書1」受諾中、南東の行き止まりに登場。指定部屋がボス部屋になった場合は北東の行き止まりに登場する。
なお、他の伝道師もクエスト受諾中のみ出現し、クエスト完了すると二度と出現しない。
水属性のナイフ投げを行う。ナイフ投げは1方向と3方向がある。
体力が減ると物理&魔法防御上昇オーラを纏う。



夕暮れの伝道師
夕暮れの伝道師
ベヒーモス「デンドロイドのジャングル」でクエスト受諾中のみ登場。
グランプロリス丘陵地「サザンデール」でも登場したらしい。
GBLの運命を予見していた予言者ヒヤシスから、夕暮れの予言書を託された伝道師。
他の信徒達と同じくロータスの魔の手から逃れることは出来なかった。

クエスト「預言者ヒヤシスの預言書2」受諾中、ボス部屋にならなかったほうの、ボス部屋候補(行き止まり)の部屋に出現する。
ナイフ攻撃を行い、一定確率で連続ダメージになる炎を発生させる。
体力が減るとハイパーアーマー化し、移動・攻撃速度が上昇する。



闇の伝道師
闇の伝道師
ベヒーモス「煉獄」でクエスト受諾中のみ登場。
グランプロリス丘陵地「サザンデール」でも登場したらしい。
GBLの運命を予見していた予言者ヒヤシスから、闇の予言書を託された伝道師。
他の信徒達と同じくロータスの魔の手から逃れることは出来なかった。

クエスト「預言者ヒヤシスの預言書3」受諾中、ボス部屋にならなかったほうの、ボス部屋候補(行き止まり)の部屋に出現する。
闇属性のナイフによる斬りつけの他、拘束効果ナイフ投げを行う。ナイフ投げは1方向と3方向がある。
体力が減るとハイパーアーマー状態で詠唱を始め、トゥームストーンを使用する。
(トゥームストーンは鬼剣士2次職ソウルブリンガーのキューブ消費スキル。)



光の伝道師
光の伝道師
ベヒーモス「白夜」でクエスト受諾中のみ登場。
グランプロリス丘陵地「サザンデール」でも登場したらしい。
GBLの運命を予見していた予言者ヒヤシスから、光の予言書を託された伝道師。
他の信徒達と同じくロータスの魔の手から逃れることは出来なかった。

クエスト「預言者ヒヤシスの預言書4」受諾中、ボス部屋にならなかったほうの、ボス部屋候補(行き止まり)の部屋に出現する。
一定確率で落雷の追加効果がある、光属性ナイフ攻撃をする。
体力が減ってくるとモーションなしで短時間の準備後、一定時間ごとに確率でウィスプを召喚する。



GBL女性信徒
GBL女性信徒
堕落の殿堂「GBL研究所」で登場。
クエスト受諾中のGBLアラド支部ではNPCとして登場。
通常にナイフ攻撃に加え、ハイパーアーマー化してナイフを構えた短距離突撃攻撃をする。
体力が減ると「私に触れるな!」のボイスと共に詠唱して体力回復をする。



テンタクル・スローワー
テンタクル・スローワー
堕落の殿堂「GBLふ化場」で登場。
背中に背負ったカゴからテンタクルを取り出して敵に投げつける。
デバウアー、インベーダーを投げる。



イサドラ
イサドラ
堕落の殿堂「GBLアラド支部」のボス。
グランプロリス丘陵地「サザンデール」でも登場したらしい。
GBL教アラド支部長。優れたGBLの魔法使いだった女性。
ロータスの支配を受ける以前から、強い力を持つ使徒というだけでロータスを崇拝していた。
彼女の判断ミスこそ、GBLがロータスに全てを乗っ取られてしまう原因であった。
アラド支部に逃げ延びた彼女の精神がロータスの支配下にあるのか、
それとも自分の意志で狂気に走っているのかは定かではないが、再びロータスの眷属を復活させようと企む。
死に際でさえロータスを讃えていた。
GBL研究所へ行くには彼女を倒し、研究所への鍵を手に入れなくてはならない。

メイジに似た豊富な攻撃パターンを持つ地味にウザイモンスター。

・杖攻撃
 ごく普通の攻撃だが、多数の状態異常の追加効果を誘発する。
 適正レベルのプレイヤーキャラなら、高確率でいずれかにかかってしまう。
 追加効果は暗黒、氷結、火傷、感電と豊富。

・高速杖攻撃
 ダッシュしながらの杖攻撃。命中時にバトルメイジのものと同じ、闇チェイサーを生成する。
 生成してすぐに闇チェイサーを発射する。追尾効果があり、避けるのは困難。
 部屋の本棚に闇チェイサーが命中すると、そこから闇チェイサーが飛んでくる。

・魔法太陽
 詠唱を行った後、その時点でのプレイヤーのいた地点にむけて超巨大な太陽のような火属性の光球をゆっくり落下させる。
 光球に連続ダメージがあり、着弾するとダウン効果のある爆発を発生させる。
 速度は遅いが、即死級ダメージで範囲が広いので確実に回避すること。

・メテオ
 4,5回程度連続で詠唱しながらメテオを落下させる。
 素早く詠唱し、落下速度も速い。

・ナイアド&ウィスプ召喚
 どちらもレベルは50。多数召喚することもあり、攻撃頻度が低めとはいえ厄介。
 特に光属性攻撃がメインのキャラの場合、ウィスプのスキル反射が危険になる。

・精霊犠牲
 イサドラが召喚した精霊を犠牲に、サモナーのものとは異なる独自の爆発攻撃を行う。



バンジェリス
バンジェリス
堕落の殿堂「GBLふ化場」のボス。
元はGBLの秘密組織・ブラッディパージの突撃隊長。
現在は倒されたロータスを再び復活させようと、GBLの生き残りを率いている。
ロータスを卵を繁殖させ、様々な狂気の研究を行っていた。
イサドラと同じく既に正常な精神はない。

「ロータスは死んだはずだ。しかし、私の体を支配しているロータスの気配をまだ感じる。
ロータスの卵の精神支配能力が強かったのだろうか?少しの間でも油断した私が情けなく感じられる。
皆逃げなさい・・・私は皆を害したくない。私の頭の中はひたすら破壊のみを熱望している。
だから早く逃げなさい!!
うう・・・。アア・・・・・・もう逃げられない!!ロータス様の敵に死を!!」




GBL女信徒
GBL女信徒
ベヒーモス「GBL女神殿」で登場。
何故か素顔を晒している女性の信徒。素顔を晒してはいけない規律だったはずだが・・・。
攻撃などで潰すことができないナイフ投げを行う。



調教師オシェイ
調教師オシェイ
ベヒーモス「GBL女神殿」で登場。
ルガルを手懐ける能力を持つGBLの女性。何故か素顔を晒している。
女神殿の中をルガルを引き連れて巡回している。
懐に隠したムチをふるって攻撃する。
キャストタイム後に、ルガル召喚や、周囲のルガル達の速度を上昇させるオーラを纏う。
ルガル召喚はクロガルとシロガルを3体召喚する。



逃亡したGBL男信徒
GBL教信徒
ベヒーモス「デンドロイド繁殖地」で登場。
基本的にGBL教信徒と同じものだが、テンタクル変化はしない。
逃亡したGBL男信徒、逃亡したGBL女信徒以外のモンスターに攻撃を仕掛ける。



逃亡したGBL女信徒
GBL女信徒
ベヒーモス「デンドロイド繁殖地」で登場。
基本的にGBL女信徒と同じもの。
逃亡したGBL男信徒、逃亡したGBL女信徒以外のモンスターに攻撃を仕掛ける。



オフィーリア・ベイグランス
オフィーリア・ベイグランス
ウエストコーストのNPC。
唯一ロータスの精神支配を受ける前にアラド大陸に逃れることができたGBL教の生き証人。
冒険者(プレイヤー)にベヒーモスの信徒たちの救援を頼む。

宗教キャラ故か、台詞が割と余迷い事が多い。てか台詞ではベヒモスってことは、ベヒーモスじゃなくてベヒモスが正しい翻訳なのだろうか・・・?
新規グラフィックに差し替えられたと同時に声が可愛くなくなった。無感情。

「ああ・・・、ベヒモスの信徒たちは・・・どうしているでしょう・・・?」
「どなたか・・・、お力を・・・」
「始祖、レスリー・ベイグランスはこう申されました」
「知識は、人生を豊かにするものです」

・クリック
「オフィーリア・ベイグランスと申します」
「こんにちわ。どんなご用件でしょうか?」
「こんにちは。今日はどちらへお出かけですか?」
「知識の探求こそ、私達の使命です」
「ロータスを倒すにはあなたの力が必要です」

・キャンセル
「心理の道が・・・あなたを照らしますように・・・」
「あなたが心理へ近づけるよう祈っています。
「いつの日か・・・ベヒモス神殿に、平和が戻りますように・・・」
「今日も新たな発見があることを祈っています」
「新たな知識を得られるといいですね」
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/295-cc1e8c2a

0件のトラックバック

1件のコメント

[C13] ありがとうございます!

GBL系の画像探してたんです!!!
やっと見つけた!
ありがとうございました

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索