Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/288-b5a09e80

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

アラド戦記 ゾンビ系モンスター

ネットゲーム「アラド戦記」の「ゾンビ系」のモンスター。
の、適当なまとめ。ほとんど意味はなし。

■現在登場するモンスター一覧
ゾンビ
 フォレストゾンビ
 ハロウアイ
 カルカザク
 グールグヴィシ
 燃え盛るヘラ
 メルトゾンビ(召喚?)
 ゾンビ28号(召喚)
 グールカウィシ
 フレアワーム
 フレアフォーン
 溶けてしまった住民


フォレストゾンビ
フォレストゾンビ
グランプロリス「闇のサンダーランド」で登場。
アブノヴァ「ヘンドンマイア市街地戦」、ベヒーモス「煉獄」で登場。
エルブンガードの古代ダンジョン「悲鳴の洞窟(アガンゾ同行中)」で登場。
タイプはアンデッド。
流れる森グランプロリスに発生した亡者の世界、
闇のサンダーランドをあても無く彷徨う亡者。
森の中をうろつく醜怪なアンデッド。
動きは遅いが出血効果のある噛み付きを行い、敵が出血状態になると
出血状態になったキャラへ対する好戦性が向上するという特徴を持つ。
これはゾンビ系にだいたい共通する。

その実体はかつて、妖精の森と呼ばれたころにいた妖精(エルフ)そのものである。
原因は定かではないが、エルフたちは姿を消したのではなくゾンビへと変わり果てていた事実を、
ビルマルク帝国は知っていると思われる。



ハロウアイ
ハロウアイ
グランプロリス「闇のサンダーランド」で登場。
アブノヴァ「ヘンドンマイア市街地戦」、ベヒーモス「煉獄」で登場。
タイプはアンデッド。
フォレストゾンビの亜種。同じくエルフたちの変わり果てた姿ではないかと思われる。
出血効果のある噛み付き、動きの遅さは同様だが、暗闇の塊を飛ばす能力を持つ。
これに当たると一定確率で暗闇状態となり、視野が狭くなる。



カルカザク
カルカザク
グランプロリス「闇のサンダーランド」で登場。
タイプはアンデッド。
フォレストゾンビの亜種。同じくエルフたちの変わり果てた姿ではないかと思われる。
通常より大きな体を持ち、血のように真っ赤な体をしたゾンビ。
出血効果のある引っ掻きや噛み付きをする程度で、たいした違いはない。



グールグヴィシ
グールグヴィシ
グランプロリス「闇のサンダーランド」のボス。
アブノヴァ「ヘンドンマイア市街地戦」でも登場する。
タイプはアンデッド。
体に凍り付くような冷気を纏うフォレストゾンビたちのリーダー格。
やはり、かつてグランプロリスに住んでいたエルフのなれの果てではないかと考えられる。
地面に氷のフィールドを張り巡らしており、
近づいて一定時間地面にいると氷属性のダメージを受ける。
ダメージが発生する前に、青い霧が発生するのが合図。
氷ダメージが発生する前にジャンプすることで、ダメージ発生の時間がリセットされるので、
深追いせずに定期的にジャンプするか、遠くへ離れることで安全に回避できる。
噛み付き攻撃は他のゾンビより素早い。



燃え盛るヘラ
燃え盛るヘラ
アンダーフット「マグマケープ、影の迷宮」で登場。
タイプはアンデッド。
全身が常に焼けただれ、燃え盛っているゾンビ。
近くに触れるだけで燃焼ダメージを受ける。他のゾンビよりも動きも早め。
火属性の攻撃を完全に無効化する珍しいモンスターで、
ダメージはもちろんノックバックすらしない。他の属性攻撃をしよう。
攻撃方法自体は他のゾンビと変わらない。

難易度改変後はノックアップするようになった。



インファーナルゾンビ
カルカザク
亡者の渓谷「無限の祭壇」で登場。
名前以外はほぼカルカザク(フォレストゾンビ)と同じ。



メルトゾンビ
メルトゾンビ
古代ダンジョン・ノースマイア「苦痛の街レッシュフォーン」で登場。
タイプはアンデッド。
ディレジエの凄まじい疫病をもろに受けてしまった冒険者(プレイヤー)の姿。
黒き疾病のディレジエより風下に一定時間いると頭上にドクロアイコンがたまってゆき、
6つのドクロアイコンがたまるとこの姿に変化してしまう。
ゾンビになると操作不能になり徐々にHPが減少。
さらに敵モンスター判定となり、他のプレイヤーの攻撃は当たるようになり、
モンスターからの攻撃は当たらなくなる。



フレアワーム
フレアワーム
ベヒーモス「デンドロイド繁殖地」で登場。
タイプはアンデッド。
体中が酸性の粘液に包まれた謎のゾンビ。
攻撃方法は出血効果のある噛み付きのみだが、倒されたときに強酸の沼になる。
強酸の沼に乗ったプレイヤーキャラは鈍化状態となり、50の持続ダメージを受け続ける。

なおゲート付近に出来た強酸の沼に乗ったまま部屋を移動すると鈍化状態が、再び沼に乗るまで解除されなくなる。



フレアフォーン
フレアフォーン
ベヒーモス「デンドロイド繁殖地」で登場。
タイプはアンデッド。
体中が酸性の粘液に包まれた謎のゾンビ。
フレアワームのリーダー格で、酸性の体液を吐き出す。
攻撃方法は体液嘔吐攻撃のみだが、倒されたときだけでなく、ダメージを受けても強酸の沼を作り出す。

ボス部屋になる可能性ある部屋のうち、ボス部屋にならなかった部屋に出現する。



グールカウィシ
グールカウィシ
時間の扉「大火災」で登場。
タイプはアンデッド。
ボス部屋が左下の場合、マップの北に部屋にエルダーゴブリンと共に出現する。
大火災の影響で変異したモンスターではないかと思われ、グールグヴィシとの関連性が気になるところ。

非常に動きが素早く、ハイパーアーマー状態になって凍結効果のある噛み付き攻撃をする。
さらにハイパーアーマー化してキャストタイム後に、氷の檻を落下させて標的を閉じ込めようとする。
見た目こそ違うが、ラキウスの落下檻と同じようなもので、落下地点にマーキングが出ることや、檻を壊せば解除される点も共通。



溶けてしまった住民
溶けてしまった住民
時間の扉「伝染病」で登場。
タイプはアンデッド。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/288-b5a09e80

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。