Entries

アラド戦記 タウ種族モンスター2

ネットゲーム「アラド戦記」の獣人モンスター「タウ種」。
の、適当なまとめ。ほとんど意味はなし。

ハイパーメカタウカードタウキャプテンカード

タウは本来、妖精の森グランプロリスを中心に棲息する種族であったが、
エルブンガードの奥にある、ビルマルク帝国試験場では生体実験によって改造されたと思わしき
グランプロリスのモンスターが数多く確認されている。
その中にはタウの姿・・・そして恐るべき兵器も。

ビルマルク帝国試験場は占い師アイリスの助言によって秘密の実験が行われた場所である。
その実験は隠蔽されているが、生物たちの変異に大きく関わっているのは恐らく間違いない。
帝国のスパイ・ダンジンの言動からもそれは伺える。
そしてこの実験が人間とタウの関係を壊した直接の原因であろう。

そして時間の扉によって見ることが出来た過去のグランプロリス。そこでは一体何が・・・?

■登場するモンスター一覧
純正タウ種
 タウアーミー
 タウビースト
 タウアサルター
 タウガード
 タウキング・シャウタ
 チャンピオンタンガ
 獣王ウムタラ
 タウ兵士
 タウ近衛兵
 タウ大王
改造タウ
 ミニタウ
 タウキャプテン
 ハイパーメカタウ
その他のタウ
 変異したタウビースト(召喚)
 月下氷人タウビースト(召喚)
 メカタウ(召喚)
 カリスマデザイナータウ蔵


ミニタウ
ミニタウ
「小さいからと舐めとったら許さへんで!」
エルブンガードの古代ダンジョン「ビルマルク帝国試験場」、「街侵攻イベント」に登場。
タイプは野獣。
タウキャプテンに率いられて登場し、タウキャプテンのHP回復速度と移動速度を高める。
(ミニタウが多いほど効果は重複する)
見た目こそ小さくて弱そうだが、攻撃力は高く気絶効果もある。
斧の斬りおろし攻撃、角突き刺し攻撃などを使う。
機械のようなものから次々召喚されるので実験生物ではないかと思われる。

セカンドインパクト以前はタウキャプテンを倒さないと、ミニタウ召喚装置は破壊できなかったが、
改変によりタウキャプテンを倒す前に装置を破壊できる様になった。
装置による召喚数に上限はないため、出来るだけ早く装置を破壊したい。
「タウ一族に力を!」



タウキャプテン
タウキャプテン
「タウ達よ!怯むでない!」
エルブンガードの古代ダンジョン「ビルマルク帝国試験場」、「街侵攻イベント」に登場。
タイプは野獣。
異様な赤い肌のタウ。機械的な音質の声を発することから、実験生物なのかもしれない。
ミニタウを統率するリーダーで、ミニタウが増えれば増えるほど移動速度とHP回復速度が高くなる。
タウらしく斧で叩き斬ってくるが、見た目よりも範囲が広く振り上げるときにも攻撃判定がある。

また遠距離から攻撃されると、離れていればいるほど高確率で突進攻撃を使う。
この突進はこれまでのタウの突進よりさらに強く、威力は抜群。
出血効果と威力が高いだけでなく、
ヒットした敵を画面端にぶつかるまで押していく特徴もある。
試験場のボス部屋やゴブリン王国で複数出現すると非常に厄介な相手となる。
「タウ達よ!オレに力を!」



ハイパーメカタウ
ハイパーメカタウ
エルブンガードの古代ダンジョン「ビルマルク帝国試験場」のボス。
「街侵攻イベント」にも登場。
タウをモチーフとした巨大なロボット。タイプは機械・建物。
斧による攻撃、火炎放射器、3方向落雷攻撃などの多彩な攻撃方法を持ち、
溜め斧攻撃は続けてイーブルアイの使う地面からのレーザーも使う。
火炎放射器は範囲が広く、燃焼以外に気絶効果もある。

また、体力が減ってくるとランドランナーによく似た警報カウントダウンを呼び出し、
一定時間後にビルマルク帝国試験場に登場するモンスターを4体召喚する。
警報カウントダウンはいるだけでもハイパーメカタウを無敵状態にするため、素早く破壊しなければならない。
召喚されるモンスターはタウキャプテン、クレイジーイヴァン、きまぐれシエル、ブラッドガル各1体。
尚、警報カウントダウン1体につき上記の4体を召喚するので、
全部残ってしまうとモンスターだらけとなり、非常に不利な状況に陥ってしまう。

古代ダンジョンのボスらしく攻撃力は非常に高く、範囲の広い攻撃を多用するため注意しよう。



チャンピオンタンガ
チャンピオンタンガ
時間の扉ダンジョン「大火災」に登場。
タイプは野獣。
かつて平和だった妖精の森グランプロリスに住んでいたタウの1体。
ボス部屋が右下の場合、マップの北に部屋にタウガードと共に現れる。



獣王ウムタラ
獣王ウムタラ
「はっは!お会いできて嬉しいぞ。
 人間・・・騒がずに静かに森を回るならこの獣王、鉄錘を使うことはないだろう」

時間の扉ダンジョン「大火災」のボス。
タイプは野獣。
妖精の森グランプロリスに住む全て獣の王として平和を治めていた偉大な獣王。
いち早く森に訪れた不穏な気配を察知し、自ら西の森の調査に出かけるが・・・。
何者かに魔法をかけられ、グランプロリスの魔法陣が消えるたびに精神を破壊され恐るべき敵となってしまう。

「ただではおかんぞぉ!」
「土と共に埋めてやる!!」
「火の中に消えろぉぉぉ!!」




タウ兵士
タウ兵士
2014/6/18~2015/2/12開催グランプロリスイベントダンジョン「タウ王国」に登場。
タイプは野獣。
鍛え上げられた肉体を持つタウの新たな戦士たち。

動きが素早く、1部屋目と2部屋目にそれぞれ100体もの大群で登場する。
攻撃方法は斧振り下ろし攻撃のみで、攻撃範囲は広くないが攻撃動作は素早い。
斧攻撃は横軸の範囲は広めだが、縦軸の範囲が狭いので縦軸移動で回避可能。

数がもの凄く多いため、囲まれると危険。広範囲スキルや高威力スキルでとにかく数を減らそう。
好戦性も高くはないが、なにしろ100体もいるので数の暴力がすさまじい。

部屋の北西の隅にはブレスLv5妖精×2、ヘイストLv5妖精×2、
南西、南東の隅にはブレス妖精Lv5×1、ヘイストLv5妖精×1、HP&MP回復妖精×1があるので、
これらも上手く使おう。ブレス妖精とヘイスト妖精は一定時間で補充される。



タウ近衛兵
タウ近衛兵
2014/6/18~2015/2/12開催グランプロリスイベントダンジョン「タウ王国」に登場。
タイプは野獣。
巨大な体を持ったタウ兵士の亜種。
名前の割に見た目は乳牛(ホルスタイン)そっくりで、武器も牛乳瓶棍棒である。
体こそ大きいがタウ兵士よりも全般的に弱い。攻撃方法は武器振り下ろしのみ。
攻撃範囲も狭く体の大きさのせいで密着していると攻撃が当たらない。

いわばボーナスキャラで、1部屋目か2部屋目が非常に低い確率でタウ近衛兵100体に入れ替わる。
タウ王国の布きれの他に、キューブのかけらをドロップするのが特徴。



タウ大王
タウ大王
2014/6/18~2015/2/12開催グランプロリスイベントダンジョン「タウ王国」のボス。
タイプは野獣。
タウキング・シャウタ以上の力を手に入れたタウの新たな大王。
シャウタを超える肉体を持ち、王の消失で散り散りとなったタウ達の結束を再び高めた。

ボス部屋に単体で登場するが図体が大きく攻撃範囲が広い。
強力な突進攻撃や、範囲の広いハンマー攻撃を繰り出す。
遠距離攻撃に対してハイパーアーマーになる。
ボス部屋の炎はただの景色で、触れても火傷にはならない。
倒すと必ず、いずれかのタウ兵法書をドロップする。

パワーハンマー 
 ハイパーアーマー化し、振り上げたハンマーを振り下ろす。
 振り下ろしたハンマーによって範囲の広い衝撃波が発生する。
 ハンマーそのものにもダメージがあり、範囲が広くダウン効果がある。
 見た目ではわからないが地響きと同じ地面全体が範囲なので、ジャンプ以外では回避できない。
 突進と咆哮は、こちらのハイパーアーマーや無敵時間を無視して潰すことがある。

激しい突進 
 ハイパーアーマー状態になり画面端まで猛突進する。
 見た目と違い、ダメージだけでなく掴み攻撃扱いで、
 ヒットするとのけぞって硬直したまま画面端まで叩きつけられる。
 連続ヒットし、最後の一撃にダウン効果がある。最大で15ヒットもするため威力がかなり高い。

咆哮 
 ハイパーアーマー状態で、気絶効果のあるうなり声をあげる。
 ダメージは大きくないが、範囲が広い上に気絶確率が高く、発生も早く潰すのが難しい。
 気絶中に突進を食らうと危険。



カリスマデザイナータウ蔵
カリスマデザイナータウ蔵
2014/6/18~7/2開催イベント「タウの衣装室」専用NPC。ヘンドンマイア広場にいる。
たぶん本来は違うイベント用のグラフィック。エプロンに2009とあるし。でも文字は消されてる
タウ王国のカリスマ衣装デザイナーらしい。
1日1回の限定クエストでは、町でのみタウに変身出来る「タウ王国のランダムコスチューム」をくれるが
5分間、町マップのみ、変身するタウはボディのみ、となっている。

以下確認した変身できるタウ
・タウアーミー(ボディのみ角&武器なし、表示100%)
・タウビースト(ボディのみ角&毛なし、表示100%)
・メカタウ(ボディのみ武器なし、表示100%)
・タウ兵士(完全再現)
・タウ近衛兵(ボディのみ武器なし、表示100%)
・タウ大王(表示130%、完全再現)
・クリーチャー版タウアサルター(クリーチャー流用)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/267-c0327972

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索