Entries

テイルズ・オブ・デスティニー「ドラゴン型モンスター」

クオックス
■クオックス
HP:4568、LV:--、耐性属性:火(風・水・雷・地・闇・光)、弱点:なし
EXP:2188、ガルド:0、レンズ:0
所持品:なし
攻撃方法:火炎放射
出現場所:ドルアーガの塔(15,19,22,26,30,32,41,47,48,58,59F)

女神イシターに仕えていた聖獣。ドルアーガの策略で光の加護を失って塔の内部を彷徨う魔物となっている。
ドルアーガの塔に出現する通り、元々ドルアーガの塔のモンスター。
攻撃方法は画面の約半分の射程の火炎を吐くのみ。
ただし、属性攻撃を無効化するという特性を持つので注意。



シルバードラゴン
■シルバードラゴン
HP:4888、LV:--、耐性属性:なし(火・風・水・雷・地・闇・光)、弱点:なし
EXP:2300、ガルド:0、レンズ:0
所持品:なし
攻撃方法:火炎放射
出現場所:ドルアーガの塔(36,38,42,52F)

クオックスの上位種。全身を銀色の鱗で覆ったドラゴン。
行動パターン、耐性は同じで純粋にステータスのみ高くなっている。
シルバードラゴンもブラックドラゴンも登場回数が少ない。



ブラックドラゴン
■ブラックドラゴン
HP:5308、LV:--、耐性属性:なし(火・風・水・雷・地・闇・光)、弱点:なし
EXP:2455、ガルド:0、レンズ:0
所持品:なし
攻撃方法:火炎放射
出現場所:ドルアーガの塔(46,50,52F)

ドルアーガのドラゴン最上位種。
高い攻撃力からの火炎は威力抜群で、やはり無属性以外の攻撃を全て無効化する。
が、ドラゴン3種の最大の弱点として単体でしか登場しないこと、攻撃方法が1つしかないことが大きな弱点。
集団で上級晶術を連発する塔の他のモンスターに比べれば遙かに安全。



バルディオス
■バルディオス
HP:8000、LV:38、耐性属性:火・雷・闇、弱点:水・歌
EXP:3000、ガルド:1052、レンズ:25
所持品:フレアボトル
攻撃方法:火炎放射、蹴り攻撃
出現場所:ノイシュタット闘技場

巨大な体をもつドラゴンのモンスター。
本作ではドラゴンのモンスターは非常に少なく、闘技場にしか出現しないワイバーン、そしてドルアーガの塔を除けばバルディオスしか登場しない。
画面半分以上の射程の火炎放射で攻撃し、近くの相手にはキックをする。



ワイバーン
■ワイバーン
HP:20000、LV:46、耐性属性:火・光・闇、弱点:歌
EXP:1200、ガルド:1250、レンズ:30
所持品:オベロナミンC・ミラクルグミ
攻撃方法:火炎放射、火球、急降下蹴り攻撃
出現場所:ノイシュタット闘技場

テイルズ・オブ・ファンタジアで最強のモンスターであったワイヴァーンと近い種類のモンスター。
闘技場始まって以来の凶悪モンスターとして登場する。
たしかに攻撃力は高く、火属性を吸収し、膨大なHPを誇る強力なモンスターではある。
射程の長い火炎を吐きながら移動し、火球を吐き出すこともある。

が、本作では飛行型モンスターは地上に落下中は完全な無防備であるためハメることができる。
また、1体で登場するため、他のモンスターに邪魔されることもない。
前述のように火属性でダメージを与えられないばかりか、逆に回復されてしまうのでスタンの装備には気をつけよう。ディムロスは火属性の武器である。



ブルードラゴン
■ブルードラゴン・アムル
使用条件:ディスク「あおきりゅう」を装備
消費TP:58、攻撃属性:無、対象:単体指定→複数

ソーディアンにセットするアタッチメントディスク「あおきりゅう」に封じられている晶術で召喚できる術名通りの青いドラゴン。
あおきりゅうのディスクをソーディアンにセットすると、ブルードラゴンを召喚する晶術が使用できる。
召喚晶術「ブルードラゴン」を使用すると、青いドラゴンの「アムル」が呼び出され、口から吐く無属性の炎で攻撃する。召喚をする唯一の晶術でもある。他の召喚獣は全て使い捨てのアイテムでしか召喚できないので、使ってもなくならないのも特徴。ただし、あくまでも術なので詠唱時間がある。

また、ランダムでアムルの色が変化し、グリーンドラゴンやホワイトドラゴンとして呼び出される場合もある。その場合、ブルードラゴンとは攻撃方法も異なる。

クラウディスで入手した「たまご」をリーネの村にいるリリスに育ててもらうと、たまごからドラゴンの赤ちゃんが生まれ、4種類のグルメを全て食べさせるとディスクが入手できる。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/227-2045c606

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索