Entries

ドラゴン族「エビルナイト・ドラゴン」

EvilKnight-Dragon
EvilKnight-Dragon

エビルナイト・ドラゴン  


●レベル:8、攻撃力:2350、守備力:2500
●属性:闇、種族:ドラゴン族、種別:通常モンスター

●カテゴリー:なし
●通常召喚:○(生贄2)、特殊召喚:○
●テキスト:邪悪な騎士の心に宿るドラゴンが実体化したもの。
●パスワード:66516792(3・4・7)


■効果
なし。


■収録パック(入手先)

・第1期「GB版 遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記 / 決闘者伝説in TOKYO DOME 二次予選通過者賞品」 (ナンバー:なし、不明)
・第2期「プレミアムパック3」 (ナンバー:P3-06、ウルトラレア、パラレルレア)


・テキストからすると騎士の心の闇が実体化した、邪悪な心の化身のようである。

・GB版の遊戯王ソフトの大会予選突破賞品というとてつもないレアカード。
レプリカ版がプレミアムパック3で登場してようやく使うことができるようになった。
アニメではこの設定を活用し、全国大会の準優勝である竜崎がこのカードを使っている。
が、彼が恐竜族を使う決闘者であることを考えると1次予選突破のトライホーン・ドラゴンのほうが似合っている気がする。
こちらが採用された理由は恐らく真紅眼の黒竜より攻撃力が低いから。攻撃力が2800もあるトライホーン・ドラゴンでは強すぎるためだろう。

・ネーミングについて
(Evill)とはエビル、もしくはイビル(イービル)などと読み、「邪な」「邪悪な」などを意味する。
ナイトはフレイバーテキストからも、(Night=夜)ではなく、(Knight=騎士)であることがわかる。

・ゲームにおいて初期のシリーズでは「エビルナイト・ドラゴンの復活」によって召喚される儀式モンスター。真DM1までは「暗黒火炎龍、魔装騎士ドラゴネス、イビル・ラット」の3体の生贄が必要。
この生贄モンスターは何気にこのモンスターの設定をよく見ている。
暗黒火炎龍がこのドラゴンのスタイルや、闇の実体化した部分。
魔装騎士ドラゴネスが心に闇を持つ騎士。
最後は少し無理やりだが、イビル・ラットはこのエビル(Evill)、邪悪な心を表している。
「エビルナイト・ドラゴンの復活」は真DMの2作ではOCG用のイラストも存在する。

・ゲームにおいて
GCソフト「フォルスバウンドキングダム」にも登場。
城之内編のステージ1でさまようモンスターとして登場。倒すと復讐のソード・ストーカー、暗黒の眠りを誘うルシファーと共に仲間になる。(使用はステージ2から)
初期ステータスが高めの割に成長タイプが普通なので意外と使える。他の低成長タイプの強くならないモンスターよりは強くなれる。
特殊能力や追加効果の習得は遅いのが少し残念。
 種族:ドラゴン、移動タイプ:飛、移動速度:速い、成長率:普通
 初期行動回数:2、初期LP:1300、初期攻撃力:2350、初期守備力:2500
 追加攻撃:Lv80「サウザンド・ブレイク」
 超必殺技:習得なし
 特殊能力:Lv1「荒野が得意」 (荒野の地形で戦うと強化される)
        Lv55「道が得意」 (道路の地形で戦うと強化される)
        Lv80「底なしの生命力」 (戦闘中LPが自動回復する)

■関連カード

●儀式魔法
・エビルナイト・ドラゴンの復活


■コミックスでの登場

原作およびコミックスでは未登場。


■アニメでの登場

アニメでは「決闘者の王国編」「バトルシティ編」で登場。
エビルナイト・ドラゴン(DM11話)
アニメでは全国大会二次予選突破者の賞品カードとしてダイナソー竜崎が使用する。竜崎の使うモンスターでは最も恐竜とは程遠いモンスター。
「決闘者の王国編」では炎の剣士によって劣勢になった竜崎が、炎を剣士を蹴散らすために召喚。
見事炎を剣士を始末するが、バーバリアン1号&バーバリアン2号のコンビネーション攻撃にあっさり返り討ちにされてしまった。

続く「バトルシティ編」ではレッドアイズを失った竜崎に残されたレアカードとして登場する。
エビルナイト・ドラゴン(DM58話)
が、エスパー絽場の催眠術のカードによって表示形式を封じられ、人造人間-サイコ・ショッカーに倒され、アンティルールによって奪われてしまう。

登場は第11話「友情パワー!バーバリアン1号・2号」、第74話「絆(きずな)」。


■必殺技:ナイトメア・シャドウソニック

闇のかまいたちを発生させ、敵を切り刻む技。アニメで使用。


■必殺技:サウザンド・ブレイク

闇の稲妻を放ち、敵を攻撃する。レベル80以上になると敵の行動回数を減少させる追加効果が発生する。GCソフト・フォルスバウンドキングダムで使用。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/212-01f2d80d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索