Entries

ドラゴン族「カイザー・ドラゴン」

Kaiser-Dragon
Kaiser-Dragon

カイザー・ドラゴン 


●レベル:7、攻撃力:2300、守備力:2000
●属性:光、種族:ドラゴン族、種別:融合モンスター

●カテゴリー:なし
●通常召喚:×、特殊召喚:△(蘇生制限)
●テキスト:ドラゴンの皇帝。高いプライドを持ち、攻撃もかなり強力。
●パスワード:94566432


■融合素材
「砦を守る翼竜」+「フェアリー・ドラゴン」

■効果なし


■収録パック(入手先)

・第1期「ブースター6」 (ナンバー:なし、ノーマル)
・第2期「ブースターR3」 (ナンバー:B3-24、ノーマル)
・第2期「Booster Chronicle」 (ナンバー:BC-61、ノーマル)


・黄金の鱗を持った気位の高いドラゴン。金色のブレスを吐くらしい。
ブルーアイズに攻撃力は劣るが、皇帝なので地位は上だ!

・第1期ではそこそこ強い融合モンスターだったが、ギリギリでレベル7であるため
現在の融合モンスターのサポートカードの効果をあまり受けることができない。
ただドラゴン族同士を素材とする融合モンスターなので、「龍の鏡」も使えるため召喚自体は難しくは無い。

・しかし「始祖竜ワイアーム」の登場で立場が一変。
属性・種族が同じで、融合素材が通常モンスター2体であるため、特殊な場合を除き、このカードを融合召喚できる状況ではあちらも融合できてしまう。
あまつさえ属性も種族もかぶっているため差別化が難しい。

・ネーミングについて
皇帝+竜。設定どおりの名前である。ちなみにカイザーはドイツ語。

・ゲームにおいて
GCソフト「フォルスバウンドキングダム」にも登場。
海馬編のステージ14で、「レア」という拠点を開放することで仲間にできる。
しかし、初期ステータスが高いモンスターの掟か、成長率が悪くあまりステータスが伸びないため強くならず、成長に必要な経験値も多い(これはカイザー・ドラゴンだけに限ったことではない)。
しかし、早いうちに仲間にできれば初期値は高いのでそれなりに役立ってくれ、またドラゴンにしては唯一「レベル3魔法」のスキルを習得することもできる。(他はサンダー・ドラゴンがレベル2魔法を覚えるのみ)
 種族:ドラゴン、移動タイプ:空、移動速度:普通、成長率:低成長
 初期行動回数:2、初期LP:1300、初期攻撃力:2300、初期守備力:2000
 追加攻撃:習得なし
 超必殺技:習得なし
 特殊能力:Lv80「レベル3魔法」 (レベル3までの魔法アイテムが使える)

■関連カード

●皇帝の名を持つドラゴン
・カイザー・グライダー
・ヘルカイザー・ドラゴン


■コミックスでの登場

原作およびコミックスでは未登場。


■アニメでの登場

アニメDMの「バトルシティ編」のプロローグ
DM第52話「失われた王の記憶」で登場。
カイザー・ドラゴン(DM52話)
回想シーンの3000年前のエジプトのデュエルにおいて、神官セトの対戦相手の神官が砦を守る翼竜フェアリー・ドラゴンで融合召喚した。
「ランプの魔精ラ・ジーン」を戦闘で倒している。
しかし、残念ながら「青眼の白竜」に敗北してしまった。
この時は召喚口上があり、次のようになっている。
神の召喚されし新たなるしもべと、天駆けるしもべを大いなる魔術もて融合すべし!出でよ!邪悪を払いし者よ!!

アニメGXでは、もけもけと出会う前の「エリート時代のもけ夫」が使っていたらしい。
GX第23話「脱力!もけもけデュエル」で登場。
カイザー・ドラゴン(GX23話)
回想シーンで「エメラルド・ドラゴン「と共に召喚されている。
なお、相手のモンスターは「岩石の巨兵」と「サイバティック・ワイバーン」だった。
ワンカットのみで、もけ夫が使っているかわかりにくいが、髪型と髪色が一致するのはカイザー・ドラゴンを使っているデュエリストであり、もけ夫が使っていたことになる(もけ夫の髪色はグレー、対戦相手は黒)。

さらにアニメGXでは、プロデュエルの世界で使用しているデュエリストがいるらしい。
第114話「絶体絶命!傷だらけのヒーロー」で登場。
カイザー・ドラゴン(GX114話)
登場は元アカデミアの先生だった佐藤 浩二のプロデュエリスト時代の回想シーン。
連戦5人目の対戦相手が召喚し、「クライング・スカーナイト」を倒し佐藤 浩二にとどめを刺した。
同時に彼のプロデュエリスト時代を終わらせたことになるので、アニメでは最も活躍した回といえる。

アニメGXの異世界編でも3度出番がある。
第142話「勝ち残る者が正義!覇王VSオブライエン」、第143話「ヴォルカニック・デビルVS最凶のイービル・ヒーロー」で登場。
カイザー・ドラゴン(GX142話)
覇王の城の周囲を「エメラルド・ドラゴン」と共に飛び回っているだけの出番。
ドラゴンの皇帝なのに酷い出番だが、GX異世界編は他にも屈辱的な仕打ちを受けているモンスターが多い。
なお、第143話は豆粒のような小ささでしか画面に出ないので、実質出ていないようなものである。

アニメ5D‘sでも大会で使用しているデュエリストがいる。
5D’s第2話「パワーインセクトデッキ!蟻地獄の罠」に登場。
カイザー・ドラゴン(Fds2話)
遊星が仲間と共にシティにハッキングしてのライディングデュエルを観戦している回想シーンで登場し、口からのブレスでダイレクトアタックをしていた。
スタジアムのライディングデュエルのようなので大きな大会だと思われる。
ライディングデュエルでは、スピードスペル以外の魔法カードに、大きな使用ペナルティが課せられているので融合召喚は困難であるため、実力のあるデュエリストなのだろう。
一応魔法カードを行わずにこのカードを特殊召喚する方法は、当時のカードプールで実現できそうなものは「融合呪印生物-光」がある。

アニメZEXALでも使用者がいるようである。
第1話「かっとビングだぜ、オレ!!」で登場。
カイザー・ドラゴン(ZXL1話)
アバンタイトル中におけるフリーのARデュエルシーンで画面を横切る。
実際に対戦中であるのかは作中では判別がつかない。また、何故か緑色である。

アニメArc-Vでもその姿が見られる。
第47話「冷たい笑みのユーリ」で登場。
カイザー・ドラゴン(AF47話)
なんとユーリが使用して柚子を追い回している。
この時、紫色の炎のようなシルエットであり、はっきりとカイザー・ドラゴンであるとは確認できないものの、その姿が完全に一致する。
頭部の形状、細長い体、腕の形状など全て一致する。またカットによっては確認できない足も、別のカットでははっきり描かれている。これだけ酷似していてカイザー・ドラゴンではないと言い張るほうが無理である。

OCGを題材としたアニメシリーズでは、なんらかの形で作中1度は登場しており、シリーズの常連となっている。


■必殺技:フォトン・スタンピード

口から燃え盛る火球を連続で発射する。GCソフト「フォルスバウンドキングダム」で使用。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/167-9c171b69

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索