Entries

恐竜族「ジュラック・ティラヌス」

Jurack-Tyrannus
Jurack-Tyrannus

ジュラック・ティラヌス 


●レベル:7、攻撃力:2500、守備力:1400
●属性:炎、種族:恐竜族、種別:効果モンスター(最上級)

●カテゴリー:ジュラック
●通常召喚:○(生贄2)、特殊召喚:○
●テキスト:
●パスワード:62701967


■効果1 (攻撃力上昇:起動効果)
自分フィールド上に存在する恐竜族モンスター1体を生贄にする事で、このカードの攻撃力は500ポイントアップする。

■効果2 (戦闘破壊+攻撃力上昇:誘発効果)
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊して墓地へ送った時、このカードの攻撃力は300ポイントアップする。


■収録パック(入手先)

・第6期「-魔轟神復活!!-」 (ナンバー:DT04-JP018、スーパーレア)


・ジュラックの最上級モンスター。恐竜族らしく、召喚に制限はない。

・レベル7で攻撃力2500と控えめのステータスだが、2種類の方法で攻撃力をアップさせる特殊能力を持つ。
特に1つ目の効果は生贄という条件が重たいが、1ターン中の使用回数に制限がない。
「血の代償」と「暗黒プテラ」を併用すれば攻撃力を爆発的に増大させることができる。
もちろん「謎の傀儡士」を加えれば無限に攻撃力をアップさせることができる。

・とにかく攻撃力は爆発的にアップさせることができるものの、守備力がたった1400。
破壊やコントロールに対する耐性も持たないため、使い勝手が悪い。
苦労して召喚、攻撃力を莫大にしても、フィールドに残れなければ活躍できない。
召喚に一切の制限がないのは救いだが・・・?
攻撃力だけはめきめきとアップしていくので、長くフィールドにとどまれれば強いはず。

・いうまでもないが「恐獣(ティラノ)モンスター」ではない。

・ジュラックのネーミングについて
ジュラックはジュラ紀を意味する「ジュラシック」からだと思われるが、
ジュラックのラインナップを見る限り洋画「ジュラシックパーク」の影響が強い。

・ネーミングについて
名前の元ネタは白亜紀に棲息していたとされるナノティラヌスではないかと思われる。
ティラノサウルスの小型種だと考えられている。
「ティラヌス」も暴君という意味であり、単にニュアンスが違うだけである。
ただし、ティラヌスという名前を使った恐竜はこれしかいない。

・デザインについて
後ろ足と同じくらい巨大な腕を持つため、明らかにティラスサウルス系のデザインではない。
むしろ昔のテリジノサウルスやディノケイルスの復元想像図に似ている。
頭部が大きい点は、ジュラックがデフォルメ調のためだろう。
近年恐竜には羽毛があったとされる説を参考にしたのか、羽毛が生えていた姿なのも特徴か。

■関連カード

●ジュラック モンスター
・ジュラック・プロトプス
・ジュラック・ヴェロー
・ジュラック・モノロフ
・ジュラック・ギガノト
・ジュラック・ティラヌス
・ジュラック・イグアノン
・ジュラック・プティラ
・ジュラック・ブラキス
・ジュラック・ヴェルヒプト
・ジュラック・スピノス
・ジュラック・スタウリコ
・ジュラック・グアイバ
・ジュラック・タイタン
・ジュラック・デイノ
・ジュラック・ガリム
・ジュラック・アウロ
・ジュラック・メテオ


■コミックスでの登場

原作およびコミックスでは未登場。


■アニメでの登場

アニメでは未登場。


■必殺技:不明

現在出番がないため描写なし。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/161-57b09b44

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索