Entries

悪魔族「カードを狩る死神」

Card-Reaper of The Death
Card-Reaper_of_The_Death

カードを狩る死神 (カードをかるしにがみ)


●レベル:5、攻撃力:1380、守備力:1930
●属性:闇、種族:悪魔族、種別:効果モンスター(リバース)

●カテゴリー:闇魔界
●通常召喚:○(生贄1)、特殊召喚:○
●テキスト:大きな鎌を振りかざしてすべてを切り裂く。守備力はかなり高い。
●パスワード:33066139


■効果1 (発動条件)
リバース: (このカードが裏側表示から、表側表示になった時に発動する。)

■効果2 (カード破壊)
フィールド上の罠カードを1枚破壊する。

■効果3 (セットカード確認)
選択したカードがセットされている場合、そのカードをめくって確認し、罠カードなら破壊する。魔法カードの場合は元に戻す。


■収録パック(入手先)

・第1期「Vol.3」 (ナンバー:なし、ノーマルレア)
・第2期「幻の召喚神」 (ナンバー:PG-10、スーパーレア)
・第3期「DUELIST LEGACY Vol.2」 (ナンバー:DL2-051、レア)
・第4期「BEGINNER'S EDITION 1」 (ナンバー:BE1-JP127、ノーマル)


・闇魔界の悪魔の1体ではないかと思われる。
基本的に一般決闘者はテーマデッキを用いるので、このカードも闇魔界のモンスターである可能性は高いが、このカードの場合魔法&罠対策ということも考えられる。
が、ほかに使用例がないので単にテーマデッキだから使っていたのかもしれない。

・闇のプレイヤーキラー(通称:PK闇使い)が使用したカードの1枚。
そのためOCGでは「レベル5、攻撃力1380、守備力1930」と弱体化させられている。
これは原作でのフィールドカードの効力が攻守30%アップであるためだが、上記の攻守を30%アップさせても攻守共に本来の数値にはならず、守備力は逆に大幅にアップ。
それ以前に、なぜフィールドパワー分だけ弱体化させられているのか、全く不可解なカードである。
OCGスタッフは闇のプレイヤーキラーが嫌いなのだろうか?

・はじめて登場したノーマルレアなる、特殊なレアリティのカード。
当初はノーマルカードとの違いが知られておらず、なぜノーマルカードのこのカードが手に入らないのか疑問に思われていた。
また、なぜこのカードがノーマルレアなのかも謎。そのため、採録ごとにレアリティが下がっている。

・ソウル・オブ・デュエリストまでの長期にわたってリバース効果を持つ唯一の上級モンスターだった。
このためすぐにこのカードだとバレてしまうことも多く、さらになぜかノーマルレアなのでこのカードがいつまでたっても手に入らなかった人も多いかもしれない。
さらに攻撃力に80、守備力に30という計算が面倒な数字が設定されているため、敬遠されて使用されない。

・相手のセットしている魔法&罠カード1枚をピーピングして確認できるが、破壊できるのは罠カードのみ。初期から使いづらい効果である。
さらに、初期から同じ効果で下級モンスターである「トラップ・マスター」が存在するので、使いにくいカードでもある。

・原作では攻撃宣言が必要となる代わりに、魔法カードも罠カードも破壊できる。遊戯の発言からこれ以外にも魔法&罠カードに対しての効果を持っている可能性が高い。

・カードを狩る、と明らかにカードゲームを意識した名前を持つ珍しいカード。

・ゲームにおいて
GCソフト「フォルスバウンドキングダム」にも登場。
遊戯編のステージ6を2週目にクリアすると仲間になる。
 種族:闇、移動タイプ:地、移動速度:普通、成長率:晩成
 初期行動回数:2、初期LP:950、初期攻撃力:1380、初期守備力:1930
 追加攻撃:Lv60[ソウル・イレイザー」 (以下参照)
 超必殺技:習得なし
 特殊能力:Lv1「夜が得意」 (夜の時刻に戦うと強化される)
        Lv80「レベル2魔法」 (レベル2までの魔法アイテムが使える)

■関連カード

●死神のモンスター
・カードを狩る死神
・死神のドクロイゾ
・ファイヤー・デビル
・死神の巡遊

・死神ブーメラン

●闇魔界のモンスター
・闇魔界の覇王
・バロックス
・ダーク・キメラ
・カードを狩る死神
・メタル・ガーディアン
・闇晦ましの城
・闇魔界の戦士 ダークソード
・闇魔界の竜騎士 ダークソード
・漆黒の闘龍
・騎竜

●魔法か罠のどちらかしか破壊できないカード
・トラップ・マスター
・青い忍者
・赤い忍者
・魔法解除
・罠はずし


■コミックスでの登場

「決闘者の王国編」で登場。

夜の闇に乗じて強制的にデュエルを仕掛け、決闘者のスターチップを奪うプレイヤーキラーの一人「闇のプレイヤーキラー(以下PK闇使い)」が使用した。

遊戯の巧みな言葉に惑わされたPK闇使いが、「光の護封剣」を破壊しようと召喚したモンスター。鎌で魔法&罠カードを攻撃することで、破壊する名前の通りの能力を持っている。
遊戯が「魔法&罠カードを使う際に最も警戒すべきカード」と言っていることから、実は相当強力なのか・・・それともありふれているのか・・・。

しかしセットされていたカードは「六芒星の呪縛」だったため、呪縛により動きを封じられてしまい、さらに攻撃対象を間違えた闇魔界の覇王の攻撃で破壊されてしまった。

■本来のステータス
●レベル:6、攻撃力:1800、守備力:2000
●属性:闇、種族:悪魔族、種別:通常モンスター(上級)

登場はコミックス10巻第82話「闇をぶっとばせ!!」


■アニメでの登場

アニメでも出番はほぼ同じ。

アニメオリジナル「闇遊戯VS闇獏良」のデュエル中、闇のデュエルの墓地の死神としても登場した。
直接デュエルには登場していないが、墓地に落とされた魂を刈り取るのが役目である。

登場は第13話 「メタモルポットの罠!炎の剣士危うし」、第14話 「漆黒のデュエル!闇晦ましの城」


■必殺技:死招きの鎌~カード・イレイザー~

相手フィールド上の魔法&罠カードを手に持つ鎌で切り裂いて破壊する技。なぜか「六芒星の呪縛」には効かなかった。


■必殺技:ソウル・イレイザー

鋭い鎌で相手を切断する。Lv60になると相手の特殊能力を100%封じる追加効果も発動する。
GCソフト「フォルスバウンドキングダム」で使用。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/150-62df2fd5

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索