Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/112-afbd5614

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

恐竜族「ブラック・ティラノ」

Black-Tyranno
Black-Tyranno.jpg

暗黒恐獣 (ブラック・ティラノ)


●レベル:7、攻撃力:2600、守備力:1800
●属性:地、種族:恐竜族、種別:効果モンスター(最上級)

●カテゴリー:恐獣ティラノ
●通常召喚:○(生贄2)、特殊召喚:○
●テキスト:
●パスワード:38670435


■効果 (限定直接攻撃)
相手フィールド上に守備表示モンスターしか存在しない場合、このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。

注意!:ここで言う「相手フィールド上」とは魔法・罠ゾーンを含むため、相手の魔法・罠ゾーンにカードが1枚も無い場合でなければ直接攻撃できない。


■収録パック(入手先)

・第3期「暗黒の侵略者」 (ナンバー:307-020、ウルトラレア、パラレルレア)
・第4期「EXPERT EDITION Vol.2」 (ナンバー:EE2-JP076、ウルトラレア)
・第5期デッキ「恐竜の鼓動」 (ナンバー:SD09-JP008、ノーマル)


・恐竜族初の最上級モンスター。
やや小ぶりなサイズだが、それでもそれまで1体もいなかった最上級モンスターである。
第4期までは元々の攻撃力は恐竜族最大だった。

・効果の文章のせいで、効果が弱くなったモンスター。
エラッタを出さずに解釈したため、相手の魔法・罠カードゾーンも含むことなってしまい、使えないモンスター扱いされている。
わかりやすい文章にすると以下のようになる。
「このカードは、相手フィールド上に攻撃表示のモンスターと魔法・罠カードが存在しないときに、直接攻撃できる」
”相手モンスターが守備表示モンスターのみの場合”とでもなっていれば・・・。

・このカードのエラッタが適応されたモンスターがアニメオリジナルの「ダークティラノ」である。
当初はこのカードが使用される予定だったため、公式サイトでの予告にはこのカードが紹介されていたらしい。
このため、今後このカードがアニメに登場する可能性はほぼ無い。
逆にダークティラノがカード化されるのも難しそうである。

・明確に恐竜の王様、ティラノサウルスをモチーフとした初のモンスターだと思われる。
このイラストはかなり残念、かつわかりづらいが、「軍隊ピラニア」「テールスイング」のカードイラストなら格好良く、ティラノサウルスらしく描かれている。
他の恐獣ティラノ モンスターもモチーフはティラノサウルスではないかと思われるが、どれもあまりティラノサウルスには似ていない。
このカードもこのイラストでは前足の指が3本ある点がティラノサウルスらしくない。

■関連カード

●イラスト関連
・軍隊ピラニア
・テールスイング

恐獣ティラノ モンスター
暗黒恐獣ブラック・ティラノ
究極恐獣アルティメットティラノ
超伝導恐獣スーパーコンダクターティラノ
・サイバー・ダイナソー

●暗黒 モンスター
暗黒恐獣ブラック・ティラノ
・暗黒ステゴ
・暗黒プテラ
・暗黒ヴェロキ
・暗黒ドリケラトプス


■コミックスでの登場

原作およびコミックスでは未登場。


■アニメでの登場

アニメDMオリジナル「KCグランプリ編」で登場。
ブラック・ティラノ(DM189話)
「竜崎&羽蛾VSジークロイド」戦で竜崎が使用した。
1ターン目にバルーン・リザードに超進化薬を使って速攻召喚したが、ジークロイドの魔法カードワルキューレンリットによって呼び出されたワルキューレに何故か1ターンキルで倒されてしまった。

ちなみに作画面が崩壊しているので、原型をとどめておらず滅茶苦茶な姿になってしまっている。
客観的に誰が見ても滅茶苦茶である。

またアークファイブにおけるアクションデュエルの黎明期の回想シーンにも登場。
ブラック・ティラノ(A-V053話)
戦士ダイ・グレファーと戦っている。そのままだと攻撃力が900も違うので、こちらの圧勝となる。
当時のアクションデュエルは力自慢のモンスターによる戦いがメインだったとされているが、アクションデュエルはゲームとして破綻しているので説得力が全く無い。そもそも力自慢のカードゲームとは意味がわからない。
DMの時に比べると作画はかなりマシで手抜き感は無いが、腕が大きすぎてアレンジが激しい。

登場はアニメDM第189話「熱闘!レベッカVSヴィヴィアン」。
アニメArc-V第53話「笑顔のデュエル「スマイル・ワールド」」。


■必殺技:不明

現在出番がないため描写なし。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kaizyusena.blog113.fc2.com/tb.php/112-afbd5614

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

せな

Author:せな
ここは全てのバランスが崩れたアンバランスゾーンです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。